つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Kagoshima( 9 )

鹿児島市内観光 鹿児島 9

さあ、鹿児島最終日です。荷物をまとめて自宅へ送り、鹿児島市内観光に出掛けます。
b0312230_16341264.jpg
今、旬の「西郷どん」ミュージアム。
普段は大河ドラマを見ない私も、この旅行のために4月から欠かさず「西郷どん」を見ておりました(笑)
歴女じゃない私も薩摩藩のお話を楽しみたいからね。

b0312230_16342278.jpg
鹿児島市内に路面電車が走り抜ける。
b0312230_16343132.jpg
バスの車窓からタイミングよく路面電車とすれ違うことが出来ました。外は雨です。
b0312230_16344829.jpg
かるかん工場見学とお買い物
b0312230_16345128.jpg
焼酎酵母工場見学とお買い物

b0312230_16363550.jpg
鹿児島最後の食事でもアルコールは欠かせない。
飲んで食べて遊んで、そして時々仕事のあるある話に頷く3日間でした。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。



by muku65 | 2018-04-21 23:30 | Kagoshima | Comments(0)

城山観光ホテル 鹿児島 8

b0312230_16315785.jpg
このツアーのメインのパーティは、城山観光ホテル「ルビーホール飛天の間」にて。
日中に浴びた火山灰も温泉に入って流し、ドレスアップして出掛けます。
食事は美味しく美しく。

b0312230_16315949.jpg
2次会はレインボーホールに場所を移して飲み直し。
噴水のあるデッキから鹿児島の夜景がきれいに見えました。


そして、朝!
b0312230_16320121.jpg
ビュッフェ形式で食べる朝食の中に「鯛めし」がありました。
島根の鯛めしではなく、話にのみ聞いていた鯛の切り身にお出汁をかける愛媛の「鯛めし」に似ていました。
b0312230_16320724.jpg
スイーツとフルーツだけで一皿いっぱいに。
これでも全てじゃないんですよね(^^)
ステキなホテルでした。


でね、ほんとは地図上での事前調べでは、夕方の空いた時間に「照国神社」と「天文館むじゃき」に行って御朱印を頂き、しろくまを食べてくる予定だったんですよね。
ところが行ってみたら、あらあらホテルは山の上。
歩いて行ける様子皆無だと分かりました。

まー確かに「城山」ですもん。いかにも山の上のありそうでした(笑)
タクシーに乗って行くという選択肢もありましたが、かけ流し温泉の大浴場でのんびりもしたいですから、ホテルから出るのはやめることにしましたんですよ。





by muku65 | 2018-04-21 23:01 | Kagoshima | Comments(0)

桜島の噴火と月読神社 鹿児島7

さあ、桜島です。
大正時代に起きた噴火で陸続きになったので、バスでそのまま桜島に上陸出来ました。
b0312230_13024637.jpg
鹿児島シリーズ「1」で桜島の噴火を載せましたが、見て見て!
b0312230_13024880.jpg
ぼん

b0312230_13025188.jpg
もくもく
b0312230_13033784.jpg
もくもく
b0312230_13034036.jpg
もくもくー!
あ、もう既に別のSNSで見ましたか?(笑)
b0312230_13025500.jpg
角度を変えてもう一枚。

この後、私たちは展示や映像で桜島を体感できるジオパークへ。

しかし私は、ここでの数十分を使って桜島で御朱印を頂ける月読神社に行きたい。
いや、ネットでの調べで歩いて12分で行ける距離です。
バスの車窓からも鳥居は確認しました。
ツアーガイドさんとツアー主催者の方に許可をもらい、ひとり歩いて神社に向かいました。
b0312230_13030065.jpg
通りから階段を上り鳥居をくぐる
b0312230_13061890.jpg
坂を上って
b0312230_13063734.jpg
もうひとつ鳥居をくぐります。
急いで歩いてきたので、もう汗だくです。
b0312230_13065023.jpg
ちょうど境内を歩いていた神官さんが、こちらの思いを察したのか、先に御朱印帳を預かってくれました。
月読神社には、月読命の他、瓊瓊杵尊や木花咲耶姫も祭られています。
後で知ったのですが、ここはパワースポットなんですって。
慌てていたからしっかり感じる時間が無かったけど、どうしても行きたかったというところ、引き付けられる何かがあったのかもしれませんね。
b0312230_13065632.jpg
鳩に折られた鳩みくじを引きました。
大吉でした。

社務所に行って御朱印を頂き、今来た道を慌てて戻り、予定の時間内にバスに乗ることが出来ました。ほっ。
b0312230_16293480.jpg
島に入る時は陸続きの道でしたが、帰りは車ごと乗れてしまうフェリーに乗って鹿児島市内へ。
このフェリー、15分ごとに24時間運航しているそうです。
船に乗っている間はバスから降りて甲板に出ることも可能です。
潮風に吹かれ、噴火し続けている様子を眺めながら桜島を後にしました。





by muku65 | 2018-04-20 22:34 | Kagoshima | Comments(0)

桷志田さんの黒酢 鹿児島 6 

この日のランチは、桷志田さんの黒酢レストランにて。
まずは、黒酢が出来るまでの工程を案内してもらいます。

b0312230_12591327.jpg
黒酢を入れた壺が2万個並んだ壺畑にびっくり。
黒光りしている壺がきちっと並び、その合間にピンクや紫の花が映えてとてもいい景色でした。

ここは、霧島市福山町。
このここの空気がというか土地にある菌が黒酢作りに最も適しているのだそうです。
b0312230_12592174.jpg
発酵途中の黒酢の試飲(ちょっと舐める感じ)もあり、日に日にまろやかになって行く過程も体感しました。

そして、全ての料理に黒酢を使ったランチを頂きます。
b0312230_12592795.jpg
メインを肉と魚で選べるランチ。
私は魚を選びました。
お肉もそうだと思うけど、お酢の力で身がやわらかくてとっても美味しく頂きました。
b0312230_12593170.jpg
デザートにもお酢が使ってあります。

b0312230_12593603.jpg
食事の後、仲間のお一人が黒酢入りのソフトクリームを食べていたので、写真を撮らせてもらいました。
そういえば去年台北ででサロンパスコーラを飲んでいたのが彼だった気がする。
外さないね、彼。
b0312230_13000608.jpg
黒酢の桷志田さん
本当ならここからきれいに桜島が見えるはずだったのですが、PM25や黄砂、噴火による火山灰のせいなのか、全然見えませんでした。
残念。



by muku65 | 2018-04-20 13:29 | Kagoshima | Comments(2)

霧島町蒸留所「明るい農村」 鹿児島 5

2日目の月曜日です。
まずは霧島町蒸留所を見学しました
b0312230_12545484.jpg
ここでは焼酎「明るい農村」を作っています。

b0312230_12550406.jpg
工場見学では、ガラス越しに工場内を見ながら説明を聞きました。

b0312230_12550171.jpg
仕込み終えた焼酎を寝かせているタンク。
b0312230_12554876.jpg
のどかな景色。向こうには霧島連山が見えています。
b0312230_13005097.jpg
ショップでは試飲が出来、私はここで夫にお土産を選び、家に直送してもらいました。

b0312230_12555669.jpg
工場を案内してくれた彼。明るい農村と背中に書かれたTシャツがカッコイイ!
b0312230_12560095.jpg
b0312230_12545791.jpg
焼酎を仕込む樽です。
結構大きいんですよね!
b0312230_06154598.jpg
月曜日に送った焼酎は木曜日の今日、届きました♡
全部自宅用です。
さて、どれから飲もうか。
なるべく市場に出回りにくそうなのを選んだんです。美味しいと言ってもらえるといいな。


by muku65 | 2018-04-20 00:05 | Kagoshima | Comments(2)

霧島ホテルと硫黄谷庭園 鹿児島4

b0312230_12434962.jpg
この日のお宿は霧島ホテル。

b0312230_12441681.jpg
阪本竜馬も新婚旅行で来たというホテルです。

b0312230_12443547.jpg
お部屋にお芋で出来た豚さんのお茶請け。かわいー♡
畳のお部屋、浴衣で宴会は、このツアー始まって以来の試みだそうです。
千人が一度に入れるという大浴場は、それはそれは大きくて立派でした。
b0312230_12450327.jpg
食事もやっぱり美味しい。
b0312230_12500187.jpg
霧島九面太鼓も迫力があり、すかっり魅せられてしまいました。
西郷どんのオープニングの霧島神社で叩いていた、ほらあの太鼓です。

この日の夜は、芋焼酎が美味しく、楽しすぎたため遅くまで眠れず、寝たのはおそらく0時を回っていたと思われます。

翌朝!
b0312230_12521520.jpg
ツアーのオプションが遅い時間の出発だったため、私は旅館の裏手にある庭園を散策しました。

b0312230_12521985.jpg

b0312230_12522194.jpg

b0312230_12522575.jpg

b0312230_12522829.jpg

b0312230_12531965.jpg
マイナスイオンのシャワーを浴びました。

b0312230_12533150.jpg
帰りのバスから見えた湯気。
豊富に出てくるんですね、温泉♪

by muku65 | 2018-04-18 23:50 | Kagoshima | Comments(0)

霧島神社 鹿児島 3

b0312230_11131446.jpg
仙巌園を出て、私たちはバスに揺られて霧島神社へ移動しました。

b0312230_11131957.jpg
鳥居には菊の御紋。
瓊瓊杵尊が祀られた、由緒ある神社です。


b0312230_11132491.jpg
新緑が美しく、静かで気持ちがいい空間です。
b0312230_11132878.jpg

b0312230_11133404.jpg
本殿をバックにしたこの景色、見たことありませんか?
そうです。『西郷どん』のオープニングで天狗が太鼓をたたいているあのシーンがここで撮影されました。
b0312230_11144513.jpg
立派な御神木
b0312230_11144844.jpg
しっかり拝んだ後、御朱印を頂きました。
b0312230_11145594.jpg
ミヤマキリシマツツジがきれいに咲いていました。

by muku65 | 2018-04-18 23:26 | Kagoshima | Comments(0)

島津家の仙巌園と鶴嶺神社 鹿児島 2

日曜日から火曜日まで鹿児島へ行ってきました。
NHKの大河ドラマ「西郷どん」にちなんだ、楽しかった旅行記を綴ります。

日曜日、朝の便で鹿児島空港に着き、まずは、昼食会場の仙巌園へ。
b0312230_12382938.jpg
ここから見える桜島。少しもやがかかって見えにくかったです。
b0312230_12384964.jpg
仙巌園は、以前は磯庭園とも呼ばれていた島津家の別邸です。
b0312230_12385824.jpg
NHKの大河ドラマでは(たぶん)清水斉彬のお屋敷としてロケに使われ、庭や座敷のそこそこに渡邉謙や北川景子の姿が見えるようでした。
b0312230_12412959.jpg
食事のメインは郷土料理、鶏飯(けいはん)と呼ばれるお茶漬けのようなもの。

b0312230_12413282.jpg
具をごはんにのせ、お出汁をかけて頂きます。
あれれ?
これって島根の「鯛めし」に似てるかもー♡

近くには、斉彬が産業の育成のために作らせた集成館もありましたが、時間の都合でこちらは見られませんでした。
b0312230_12390670.jpg
その代わりと言ってはなんですが、同じ敷地内に鶴嶺神社という島津家の当主やその家族がまつられている神社があったのでお参りしました。

b0312230_12391488.jpg
その中には、秀吉もびっくりするほどの美人な姫「亀寿姫」もまつられており、拝むとその姫のように美人になれると言われているそうです。
そりゃあ、拝まずにはいられませんよね(^^)

こちらでは、予め用意されたものに日付を入れてくれるものですが、御朱印が頂けました。



by muku65 | 2018-04-18 22:39 | Kagoshima | Comments(0)

桜島が噴火しました。鹿児島なう 1

b0312230_00225049.jpg
きのうから鹿児島に来ています。
今日は、桜島が噴火する場面に出くわしワイワイしました。
迫力がありました

by muku65 | 2018-04-17 00:22 | Kagoshima | Comments(4)