つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハイキング・ウォーキング&遠足( 37 )

愛岐トンネル群の暗渠(あんきょ)に入りました。

b0312230_18511670.jpg
愛岐トンネル群は、期間限定という事もあり、ここ数年ですごい人気となっていますが、この暗渠(あんきょ)って、案外見落とされているみたいに思います。

暗渠とは、地下に設けた水路という意味です(Google先生より)
b0312230_19040772.jpg
暗渠は、トンネルをくぐる、元線路だったメインストリートから外れ、数年しか使われなかった、人が歩けるだけの細い古道を歩いている途中にありました。

b0312230_19043171.jpg
多分、誰もがこの穴をのぞくことはあると思うんです。
私たちは、たまたま誰かがこの穴のすぐ下の穴から這い出てきたので気付きましたが、ほとんどの人が、この暗渠に入れると気づかないんですよね。
b0312230_19062208.jpg
間違えてシャッターを押したものなのですが、この写真から暗渠の中の壁が、赤い煉瓦で出来ていることがわかります。
b0312230_18520735.jpg
突き当たると、空間は上に向かって伸びていました。
b0312230_18543213.jpg
上から手を振っている人がいますね。
ここを抜けると、お弁当を買ったマルシェ広場に出るようです。
というか、お弁当を買う時、私、この穴を覗いたんです。井戸なのかな?と思って。

b0312230_18521652.jpg
しかし、水路とは言うけど、どこからくる水を流していたのでしょうね?
深く考えると謎でした。

b0312230_19010768.jpg
この下の穴から這い出し、再び古道を歩きました。
b0312230_19123730.jpg
b0312230_00012000.jpg
b0312230_00013924.jpg

スマホのアルバムも、カメラのカードも、もう飽きるほどの紅葉の写真で真っ赤に埋められていますが(笑)
これぞ!っていうのがありませんでした。
b0312230_19092351.jpg
でも、枝に小鳥を見つけてちょっと嬉しかったんです(^^)

まぁ、望遠レンズを持って行かなかったのがちょっと残念でしたね。
それでも、茶色くて背中に横に縞々の模様が確認できているので、何ていう鳥なのか調べられますよね。
私たちは、この子に「横縞(邪)な小鳥」と名付けましたが、本当の名前は、おそらくキツツキの仲間の「コゲラ」なのではないでしょうか。

キツツキは、永保寺にもいるらしく、この前行った時も姿こそ見ませんでしたが、コツコツコツっという音を聞きましたから。
自然豊かなんですよね~(^^)



by muku65 | 2018-11-29 21:38 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(6)

愛岐トンネル群2018秋に行ってきました


b0312230_23355135.jpg
愛知と岐阜をまたいで流れる土岐川(庄内川)沿いをJR中央線が通っています。
現在もいくつかのトンネルをくぐりますが、それと並行して昔蒸気機関車が走っていた線路跡があり、当時使われていたトンネル群が残っています。
10年前ほどから、ここが保存協会の努力により整備され、桜の春と紅葉の秋に特別公開がされています。

b0312230_23273891.jpg
トンネル群は、定光寺駅を下りたすぐ脇の階段を登って向かいます。
4年前に行った時には、こんな階段は無く左に見えている急な梯子のような階段を登った記憶です。
b0312230_23355135.jpg
この暖簾も4年前にはありませんでした。
当時走っていた蒸気機関車はとても大きくて、車掌が手を伸ばせばトンネルの壁を触るほどだったそうです。

b0312230_23280112.jpg
b0312230_23283208.jpg
b0312230_23270195.jpg
真っ暗なトンネルの向こうに見える紅葉をいかにして美しく写すか
私のようなにわかカメラマンやスマホで楽しむ人、中には本物のカメラマン達が、思い思いの角度にレンズを向けていました。
b0312230_23271512.jpg
ここが一番賑わっているマルシェと呼ばれる広場で、対岸の愛岐道路からもよく見える場所です。
b0312230_23272441.jpg
平日にもかかわらず、大勢の人が来ていました。
b0312230_23363604.jpg
ランチは、マルシェのテントで買い、頂きました。
私が食べたのは、多治見の和菓子屋「安藤」さんの山菜おこわでした。
b0312230_23434415.jpg
さて、また歩き出します。
b0312230_23441026.jpg
トンネル内は真っ暗です。
懐中電灯が必要ですが、私は忘れてしまったのでiPhoneについている電灯を頼りに歩きました。
b0312230_00153125.jpg
真っ暗な中でiPhoneの光を壁に当てて写真を撮ってみると、赤いはずのレンガが煤で黒くなっているのがわかりました。
b0312230_23443256.jpg

b0312230_23303236.jpg
突き当りまで行ったら、今度はトンネル群の通り(もと線路)をはずれて玉野古道を歩きました。
知らなかったけど、いつもの電車の中から見える渓谷は、「玉野渓谷」という名前がついていたんですね。
古道の途中に暗渠(あんきょ)という古い水路も覗きましたが、それはまた次回に書きましょう。

b0312230_23294899.jpg
大もみじの木です。
大きすぎてファインダーに収まりませんw

b0312230_23474126.jpg
こちらは、スマホで撮った大もみじ。

b0312230_23322166.jpg
帰りに撮った竹林と紅葉。
午後のの日差しを浴びて、もみじが光っていました。
日影だった朝に見た景色とは全く別ものです。
光の加減ってすごいですね。
b0312230_23450800.jpg
つづく。

by muku65 | 2018-11-28 00:37 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(4)

JRさわやかウォーキング 関駅

b0312230_08141863.jpg
週末は、夫と関へ歩きに行ってきました。
非常に長いので、というか写真が多いので続きは「moreにて。」





More
by muku65 | 2017-06-22 22:25 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(2)

清洲城とトヨタの自動車大学校@JRさわやかウォーキング

GW最後の日曜日。
夫とJRさわやかウォーキングに参加してきました。
b0312230_08405712.jpg
愛知県の清洲駅→清洲駅のコースです。
清洲駅は、位置的には中央線で名古屋駅まで行き、岐阜行方面に乗り換え2駅目にあります。快速に乗ると止まりません。
私たちは、中央線で名古屋の一つ手前、金山で乗り換えましたよ。この方が座れる確率が高いのです。
b0312230_08405729.jpg
さあ出発です。
b0312230_21033380.jpg
通った公園のサツキが満開でした。
b0312230_21042731.jpg
スマホで撮影中の私を夫が撮りました。
私はなるべく人を入れずに撮りますが、夫は人を入れないと雰囲気が伝わらないと言います。
b0312230_08234382.jpg
で、この時私が撮ってたサツキ。
b0312230_21061521.jpg
公園に信長の像がありました。岐阜駅には金色に光る信長像がありますが、こちらはおとなしめの信長でした。
b0312230_21080202.jpg
清洲城にやってきました。
名古屋から大阪方面に向かう新幹線から見えるお城がこれです。
b0312230_21084650.jpg
ほら。新幹線が通った!びゅーん♪

b0312230_08253235.jpg
信長が21歳の時に築いた清洲城。
b0312230_08234521.jpg
きよ丸とあゆむくん。あゆむくんは、さわやかウォーキングのキャラクターです。
清須市・清洲駅・清洲城。
何気に「す」の字が違うんですよね。まぁ、深読みはしませんが。
b0312230_21100346.jpg
b0312230_21110041.jpg
清洲貝塚の横で火おこし体験が出来たのでやってみました。
しばらくやっていたら焦げ臭くなった気がしましたが、ただ木の香りがしただけでまったく火の気が立ちません。
昔の人は苦労したんですね。
b0312230_08234644.jpg
はるひ美術館の公園です。
木陰でお弁当を広げている人がたくさんいました。
b0312230_08234619.jpg
私たちも。
b0312230_08234778.jpg
サンドイッチは、夫の手製です。
ハム、チーズ、そして卵焼きも挟まっていて感動しました。あと、キュウリの薄切りがあったら最高でした(^^)
5枚切りのパンのサンドイッチは、非常にボリューミーでお腹がいっぱいになります(笑)
b0312230_08310500.jpg
トヨタ自動車大学校には、古い古い自動車が公道を走れる状態までに整備されて並んでいました。
b0312230_21115144.jpg
こんな、エンジンをカメラに収めた人はおそらく夫ですね。(私、興味ないもんw)
b0312230_21125893.jpg
ちょうど12時半からマークⅡとパブリカを走らせるというアナウンスがあり、見ていくことにしました。
どちらも 特にパブリカは私が生まれる前に発売されていた自動車です。
好きな人は、エンジン音がどーのこーのと語るんでしょうね。実際パブリカは「バタバタ」というエンジン音で楽しかったかも。

会場には、他に水素で走る「みらい」も展示されていました。
どんどん進化させるトヨタの技術は、やはりすごいなーと思います。
b0312230_08234821.jpg
総見院では兜展がやっていたらしいけど、12時までで終わっていました。
b0312230_08234868.jpg
てっせんかな?クレマチスかな?
奇麗に咲いていました。
b0312230_08234913.jpg

そして、ゴール。
あゆむくんと清須市のキャラクター「うるる」(だったかな?)が迎えてくれました。
カメラ(スマホ)を向けるとちゅんとポーズもとってくれて、優しい子たちでした♡

この日、お昼はしっかり食べたので寄り道はしないで帰りました。
歩いた歩数は、その後のななの散歩も加えて「20,072歩」でした。
久しぶりの2万越えでした。



by muku65 | 2017-05-08 09:19 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(4)

名鉄ハイキング【バレンタインデー特別企画】旨酒に感嘆!!「春の蔵開き」と羽島市名所巡りコースに参加しました。

b0312230_20314695.jpg
名鉄新羽島駅は、JR岐阜羽島に隣接している。
羽島って、新幹線(こだま)だと名古屋から京都に向かって一区間だけど、在来線で行く場合は名古屋から名古屋本線で岐阜方面に向かい、笠松で竹鼻線に乗り換え、終点が新羽島と結構遠い。
ちなみに名神高速の羽島ICも、ここから近い。
b0312230_20314554.jpg

今回は、この新羽島駅がスタートです。
b0312230_20314604.jpg
b0312230_20314752.jpg
新幹線の岐阜羽島駅を通り抜け、名神高速をくぐるとそこに町っぽさはなくなり、見通しの良い田園風景が広がっていました。
b0312230_10142623.jpg

その手前には、多胎支援活動で何度もお邪魔した県立看護大学も見えて、ちょっと懐かしさも感じたり^^

高速に沿って東に進むと、コストコが見えました。
b0312230_20314911.jpg
コストコ・・・未だに行ったこと無いんですよねぇ。行きたい。

再び名神高速と新幹線の線路のトンネルをくぐり、羽島の町中に入ります。
私たちが歩いた少し広めの道路脇には、喫茶店と美容院・床屋をいくつもいくつも見ました。

愛知・岐阜と言えば、喫茶店モーニングが有名なので、喫茶店が多いのはわかるけど、床屋が多いのはなぜだろう?
人口が多いのか、オシャレに気を遣う人が多いのか、何なんでしょうね?

円空の資料館を通りました。
b0312230_20573437.jpg
円空は、江戸時代の修業僧で、全国あちこち放浪しながら、たくさんの仏様を掘り残した人。
b0312230_20580006.jpg
羽島で生まれたんですねぇ。産湯の井戸もありました。
資料館には、県の重要文化財にもなっている仏像もありましたが
靴を脱いでの拝観だったので、ちょっと億劫になりここは飛ばしました。

空は晴れているけど、向こうの方に雲隠れしている伊吹山から冷たい風が下りてきていて、とっても寒かった。
b0312230_20582128.jpg
羽島は竹鼻の町に入ります。

竹鼻へは、以前JRのウォーキングで来たことがあります。

季節を変えて寄った「佐吉大仏」
b0312230_20584358.jpg
予想外に、ここでは御朱印が頂けました。
その場で書いていただくものでは無く、書いたものを分けて頂くという感じで、300円ではなく200円奉納しました。

先に進み、今日のメインである酒蔵「千代菊」さんに到着です。

b0312230_20595368.jpg
千代菊さんでは、春の蔵開きというイベントが催されていました。
b0312230_21002211.jpg
店の裏手に回り
b0312230_21010759.jpg
工場の方に入っていきます。
b0312230_21024918.jpg
b0312230_21031295.jpg
中では、お酒の試飲が出来たり、出店が出ていて賑わっていました。
b0312230_21051280.jpg
奥の酒蔵では蔵出しされたばかりのお酒も試飲ができ、夫はとっても嬉しそうでしたw
b0312230_21055988.jpg
飛ぶように売れていく蔵出しのお酒を 従業員らしき人が一生懸命瓶詰していました。
ご苦労様です(^^)
b0312230_21070648.jpg


店とは反対側の野外では、焼きそばやうどん、もつ煮など売っていたり、甘酒がふるまわれたりしていました。
そして、多分ここの娘さんたちでしょうか。
右側の子、飲み放題用の一合枡とおちょこの販売を手伝い「ありがとうございました。」と、ぺこりと頭を下げていたのが印象的でした。
奥にはお姉ちゃんらしい子も頑張っていましたよ。

b0312230_21081933.jpg
場内で、野菜のスープと揚げ立ての天ぷらで乾杯。
b0312230_21084613.jpg
しかーし、私たちがおちょこと枡を買っている間に飲み放題とうたっていた樽酒が底をつき、追加も無いということだったので、もう雀の涙程度のおさけでの乾杯でしたW

まぁね、ここで飲みすぎたら帰れませんからね、ちょうど良かったということで(^^)

千代菊さんを後にし、藤棚で有名な真宗大谷派竹鼻別院さんの近くの公園で休憩。
b0312230_21095148.jpg
そして、これが有名な藤。
b0312230_21103854.jpg
この幹から棚にきれいな藤を咲かせます。
立派な幹ですね。

近くにフルーツ大福の美味しい兎月園もありましたが、いちごやみかんの大福なら多治見でも美味しいお店があるしねーということで寄らず、足早にゴール。
b0312230_20314984.jpg
私も夫も「ロッテ賞」が当たり、真っ赤なチョコをもらっちやいました♡

ゴールの駅は羽島市役所前でした。
b0312230_20315038.jpg
新羽島駅から2駅くらい歩いたことになります。

乗り換えをした笠松には競馬場があります。
b0312230_20315184.jpg
その意味もあるのか、ホームには馬の絵が描かれていました。



この日1日歩いて、20118歩でした!


by muku65 | 2017-02-12 20:28 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(2)

名鉄ハイキング~岡崎宿巡り 二十七曲りの碑から二七市へコース

去年10月ぶりのウォーキング。

今日は、名鉄ハイキングに参加するため、岡崎市(愛知県)へ行ってきました。

b0312230_21045377.jpg
スタートは、東岡崎駅です。
多治見からはJR金山経由で1時間10分位のところの駅です。


b0312230_21105146.jpg
b0312230_21484426.jpg
駅前で今日のコースが印刷されたプリントを受け取りスタート。

てくてくあるく。
周りにはハイキング参加者がいっぱい。
こういうのなんか久しぶりです♪

まずは六所神社へ参拝しました。
ハイキングが目的なので、通り過ぎる人もOK、参拝するのもOKです。自由でいいんです。
で、私たちは参拝。
b0312230_21121680.jpg

b0312230_21125519.jpg
さすが徳川家ゆかりの神社ですね。
東照宮を思わせる朱塗りの神社です。

安産祈願によい神社なのか、妊婦さんのお腹を支えるグッズに朱印を押してもらっている方もいました。
私も朱印帳に朱印を頂きました。

進みましょう。
b0312230_21132979.jpg
二十七曲りの碑を右に見ながら進みます。

b0312230_21542316.jpg
岡崎は、東海道の宿場町なのですよね。

コースを進むと、酒蔵の壁が見えてきました。
b0312230_21170827.jpg
丸石醸造さんです。
b0312230_21213203.jpg
休憩場が設けられ
b0312230_21193352.jpg
みたらし団子を買って食べていると、
b0312230_21205534.jpg
あっ、たれが!

甘酒や清酒がふるまわれました。
b0312230_21484410.jpg

b0312230_21201894.jpg
b0312230_21173988.jpg
私は、甘酒が気に入ったので、小瓶のものを1本買いました。
b0312230_21200229.jpg
岡崎信用金庫資料館
b0312230_21285515.jpg
この建物には以前入ったことがあったので、写真だけ記録。
振り返ると、あっ!マキタさんのビルだ!
b0312230_21293490.jpg
途中の公園で休憩しましょう。
b0312230_21452042.jpg
公園脇のベンチは既に満席だったので、野外ステージの上で休みました。
b0312230_21444254.jpg
日中はぽかぽかと暖かく、ここで上着を一枚脱ぎました。手袋も要らなくなってリュックにしまいました。


八幡通りの二七市(ふないち)です。
b0312230_21302223.jpg
毎月、2と7がつく日に開催される朝市だとか。
b0312230_21311040.jpg
b0312230_21314243.jpg
b0312230_21321375.jpg
野菜や果物、鮮魚などがたくさん並んでいてそそられました。
特に干物が美味しそうだったので買おうか迷いましたが、荷物が重くなることを考え今回はやめました。

さあ、岡崎城にやってきました。
b0312230_21325532.jpg
b0312230_21341406.jpg
前に来た時は岡崎城は遠くに眺めるだけだったのでわくわくします。
高いところが好きですから(笑)

お城に上る前に龍城神社で参拝しました。
b0312230_21352842.jpg
ここでも御朱印が頂けました。

さあ、お城に登りましょう。
b0312230_21363437.jpg
天守閣では、岡崎を四方に望みとても景色が良かったのですが、地理的にあまり調べていなくてね、案内板では御嶽山がわかるくらいでした。(しかも見えなかったw)

また、中では何色も使って刷る版画の道具がに並べられ、自由に刷ることが出来ました。
b0312230_21484666.jpg
じゃじゃーん。私もやってみましたよ。
いい感じに仕上がりました。
b0312230_10244098.jpg

お城を後にしコースを進むと、今度は味噌蔵が見えてきました。
b0312230_21365768.jpg
NHKの連ドラ『純情キラリ』でもモデルになった赤みそで有名なカクキューさんです。

八丁蔵通りを抜け
b0312230_21372930.jpg

b0312230_21375513.jpg
工場見学をさせてもらいました。
b0312230_21382009.jpg
と言っても、ハイキングのコースのひとつだからかな、説明も何もありませんでしたが。
でも、樽の大きさや雰囲気は味わえました。
b0312230_21385720.jpg
b0312230_21391610.jpg
試食のこんにゃく田楽。
b0312230_21422725.jpg
甘い赤みそのたれが美味しかったです。
ハイキング参加者限定だったみたいだけど、お値打ちな金額で味噌すくいもできたみたいでしたよ。

そして、カクキューさんの敷地内でハイキングゴール!
b0312230_21425276.jpg
目の前が中岡崎の駅でした(*´ω`)
b0312230_21431265.jpg
実際には、この駅の反対側に名鉄の駅がありますが、私たちには、目の前の愛環(愛知環状鉄道)の方が便利が良いので、帰りはこちらで帰りました。
本当は、この時おなかぺっこぺこだったのですが、この駅の周辺にあるうどん屋さんも、カクキューさんのうどん専門店も待ちのお客さんだらけだったので、諦めて電車に乗り込みました。

愛環では、高蔵寺を経由し、およそ1時間半で多治見に帰れます。


おまけ
おなかぺこぺこで多治見に戻り、駅前テラの地下街で食べたお好み焼きと焼きそば♡
b0312230_21464152.jpg
美味しかった。生き返った(*´ω`)

久しぶりのハイキング、iPhoneの万歩計では20,272歩歩いたことになってました。
おつかれさまー!



by muku65 | 2017-01-22 22:49 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(2)

名鉄ハイキング~津島~

b0312230_00160487.jpg

名鉄の赤い電車。
西野カナさんの歌に出てくる赤い電車は近鉄らしいけど
多治見に住んでいる私には、どちらも馴染みがありません。

とはいえ、名鉄は娘たちは大学に通うときお世話になるくらい、
身近なものでもあります。

この前の日曜日には、この名鉄主催のハイキングに参加してきました。
写真の整理をしそびれたので、もうみんなアップしちゃえ、と
Facebookにアップしたのが昨日の話。

写真を見てもらうとわかるけど、雨が降りそうで降らない朝出かけたのに、
お昼ごろには晴れました。

小さな神社を訪ねながら歩いていると、
盛大な太鼓の音が聞こえる祭の風景に出合って興奮もしました。


ここは津島神社。
b0312230_17131945.jpg
全国に3000以上ある津島様の総本社です。

七五三で賑わっていたな。
プロのカメラマンが、小さな子どもに大きな声でわーわー言って
気持ち(視線)をカメラに向けるのに必死でした。

御朱印は実にシンプル。


b0312230_17193483.jpg
津島の魅力ある風景、天王川公園。
b0312230_21155558.jpg
まちは、なんだか昭和のイメージ。
b0312230_21124634.jpg

b0312230_21114513.jpg
b0312230_00164219.jpg
ゴールの津島駅前では、街角ででも見かけた尾張津島まつりの山車が勢ぞろいし、大にぎわいでした。

b0312230_21233422.jpg
たくさん歩いた一日でした。



by muku65 | 2016-10-05 21:24 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(4)

名鉄ハイキング~岐阜の今を感じて~コース

ひっさしぶりに、名鉄ハイキングに参加しました。
今回は名鉄岐阜駅が出発点です。
b0312230_17292691.jpg
最初は元気。
てくてく歩き、金(こがね)神社を通ります。
b0312230_17294879.jpg
金ぴかの鳥居って、珍しいですよね。
ここいら辺りには、高島屋もあるし、ずーっと前に訪れた居酒屋さんもあります。
金神社も存在は知っていたけど、参拝するのはこれが初めてでした。
だから、すなおーに金ぴかの鳥居に驚きました。
b0312230_08283120.jpg
(撮影:夫)


さあ、参拝しましょ。
b0312230_17305036.jpg
御朱印もいただけました。
b0312230_17310405.jpg
ここのご朱印帳も、金ぴかなんですよ(^^)

先に進みます。
柳ケ瀬商店街を歩きました。
b0312230_17314259.jpg
ぶら下がっている四角い女の子はゆるキャラのやななです。

柳ケ瀬商店街は、アーケードになっていて、碁盤の目のように通りがありました。
この日は、「柳ケ瀬ジュラシックアーケード2016」というイベントやってたみたいで、あちこちに恐竜がいて、小さな子を連れた家族連れがたくさんいました。
b0312230_21013255.jpg
古い商店街。レトロな雰囲気を醸し出しています。
b0312230_21020020.jpg
だけど、岐阜に住んでいて何度かここら辺も歩いたことあるけど、岐阜市の街の事あんまり知らないなー。

いや、柳ヶ瀬ブルースは知っている。
b0312230_17315603.jpg

b0312230_17322291.jpg
↓夫がまじまじと覗き込んでいた通り。
b0312230_17324255.jpg
ここのどの店かで飲んだ記憶があったそうです(^^)ふふーん。

彌八地蔵尊
b0312230_17331884.jpg
b0312230_21030677.jpg
建物だけ写真を撮って来たけど、奥には水かけ地蔵がいたり、居酒屋があったり、ちょっとわからない変な空間でした。
この山門だって、不思議な感じ。

b0312230_21041062.jpg
夫が言うには、彌八地蔵は柳ケ瀬で飲むときの目印なんだそう。
タクシーに乗って「彌八地蔵まで」って言えば、柳ケ瀬の飲み屋街にたどり着けるんだってー。

次は、図書館です。ここって確かスタバが入ってるって前に聞いたことがあるはずー。
奇麗な施設だったので入ってみました。
b0312230_17334061.jpg
木がふんだんに使われ、広いけど落ち着いた空間でした。

そこからまた歩き、長良川へ!
山の頂上に岐阜城を望みながら金華橋を渡ります。
b0312230_17343800.jpg
その先は高橋直子ロードを歩きます。
b0312230_20374070.jpg
この先の長良橋の東の辺。
この辺りは大水が出ると水位が上がり洪水になってしまうということで、両岸には陸閘が作られていました。
b0312230_23574137.jpg
これもそうなのかな。
b0312230_20382669.jpg
鵜飼ミュージアム。
b0312230_20370692.jpg
ミュージアムには入りませんでしたが、ここの広場では「長良川まんぷくデパート:長良川おんぱく(長良川温泉泊覧会)」のオープニングイベントが開かれていて、鮎が焼かれていました。
b0312230_20390641.jpg

b0312230_14054638.jpg
長良川の旅館ホテルの板前さんが直々に焼いてくれていました。ぜいたくー。
b0312230_20393346.jpg
う~♡頂きます!
b0312230_20400316.jpg
河原に降りて川風に当たりながら頂きました~♪
b0312230_20401515.jpg
鮎ね~、頭から食べられるようになったんだ。美味しかったー。

鮎だけでは少し足りなかったので、もう一度イベント会場に戻り、つるむらさきを練り込んだうどんと
b0312230_20411900.jpg
きのこ五目御飯を買ってきて食べました。
b0312230_20413931.jpg
会場にいた、みのっ太くん。手に持っているのはアスパラかな。
b0312230_20410498.jpg
b0312230_20421669.jpg
長良橋を渡る時見えた鵜飼船。夕刻の出番をここで待っているのですね。
b0312230_20560571.jpg
金華山の麓、岐阜公園に到着!
b0312230_20563568.jpg
&ゴール!
b0312230_20574199.jpg
今回は、片道歩いてゴールです。
その後は、路線バスに乗って駅まで移動。ラッピングバスでしたw
b0312230_20575800.jpg
名鉄とJRと、駅はとても近いのでJRで帰っても良かったけど、名鉄の方が岐阜が始発なので絶対座れる、と夫が決めました(笑)
b0312230_20582749.jpg

鵜飼ミュージアムのところで、鮎と一緒に飲んだからねー、寄り道しないでまっすぐ家に帰りました。

しかし、9月とはいえまだまだ暑かったー。


by muku65 | 2016-09-11 23:59 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(2)

光照院(半田市)

半田市散歩の途中、古い寺院に「知多四国八十八ヵ所巡礼」の文字発見!
しまった!ご朱印帳を家に忘れてきた!

最近、どこへ行くときも持って歩いていたのに、うっかりしていました。
まー、通り過ぎても良かったけれど、やっぱり惜しい。

山門をくぐり、
b0312230_10105538.jpg
ご本尊様と弘法様と、どちらも参り

b0312230_12454988.jpg
ご朱印を頂きました。ご朱印帳サイズの半紙にご朱印を押してもらうのです。
b0312230_10174955.jpg

日にちが書かれなかったので、帰ってから自分で記入しました。

そうそう、ご朱印を頂く時、もうお一方御朱印を押してもらっている方がありました。
この方は、私たちが参った時に弘法様にお経を唱えていらっしゃったのですが、持ってこられたご朱印帳が布でできていて、1ページに何度も何度もご朱印が押され、もうまっかっかになっていました。

1つのご朱印では満足されず、何度も何度も参られる方も中にはいらっしゃると、寺院の方から聞きました。
真っ赤なご朱印帳には驚きました。


境内にあったヒノキかしら?実がついていたの。
b0312230_12462871.jpg
(↑撮影 オレ様)


b0312230_12470804.jpg
初めて見ました。







by muku65 | 2016-07-11 23:41 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(4)

大人の遠足:蔵のまち半田市を歩く 

日曜日、夫と二人で電車に揺られ半田市を訪れました。
b0312230_12324573.jpg
前に買った本『大人の散歩』に載っていたコースを歩くためです。
b0312230_22165204.jpg
スタートは都合によりJRではなく、名鉄知多半田駅です。
駅から高架で結ばれた隣の建物の中に観光案内所があり、棚に置かれた「半田市おススメコース(PDF)」のチラシももらっていきましょう。
b0312230_12330512.jpg
夏の間はJRさわやかウォーキングなどもお休みで、今回は自分たちだけのウォーキング・・・いや散歩です。
夫もNikon1 J1を首にかけ、写真を撮りながらのんびり歩きました。

JRの半田駅近くを通りました。
b0312230_12413854.jpg
昭和を思わせるいい感じ。 

頭を打ちそうな高架下をくぐります。
b0312230_13003089.jpg


てくてく歩き、まずコースにある半田運河へ。
ミツカン酢のミュージアムがあったので入ってみましたが、残念ながら予約いっぱいで見ることが出来ませんでした。

仕方がないので運河の脇を歩きながら、当時の酢を運ぶ様子を思い描きつつ先に進みました。
b0312230_12335049.jpg
(↑撮影 オレ様)

運河の脇には、黒壁の蔵が並んでいました。
b0312230_12344575.jpg
この黒壁って、この前テレビのリフォーム番組で、杉板を焼き、わざと焦がして表面を滑らかにしたり、虫よけ効果もあると言われていたあの板で作られていました。
b0312230_12350117.jpg
カッコいいですよね。

酒蔵「国盛」さん

b0312230_12353991.jpg
(↑撮影 オレ様)

この奥の蔵の2階が資料館になっていて、江戸時代から使われていた道具や酒造りの説明をしてくれます。

そして試飲タイム♡
b0312230_12360754.jpg
セルフサービスなので、あれこれ自由に試せて選べます。
夫は写真の真ん中にある酒蔵限定酒が気に入り買っていました。
リュックに720mlの清酒を1本背負い(←夫が)進みます(^^)

この日の天気は晴れ!私はジーパン&Tシャツにリュックを背負い、日傘を差して歩きました。
b0312230_12362700.jpg
紺屋海道は、その昔に船の帆を染めた染物屋さんが多くあったので紺屋と名付けられたとか。
b0312230_12371224.jpg
半田市は、『ごんぎつね』の作者である新美南吉が生まれ育ち、生涯を終えた町。
この紺屋海道は、南吉が駅や馴染みの喫茶店へ行くときなど通った道なのでそうですよ。
b0312230_12365414.jpg
b0312230_12400969.jpg
海道を抜けると、これまたレンガ造りの大きな建物が見えてくる。
ここは、旧カブトビール工場の後地です。

古い古い建物ですが、修復し、耐震をし、今では「半田赤れんが建物」とし、市民の憩いの場となっているようです。



b0312230_12373733.jpg
(↑撮影 オレ様)
b0312230_12380175.jpg


建物の中にはビアホールもありカブトビールを味わえます。
b0312230_12382626.jpg
私たちは、期間限定のチーズ和風パスタと、

b0312230_12390563.jpg
ジャーマンプレート、ビール付き♡を食べました。
b0312230_12392622.jpg
ビールを味わい、美味しいものをたいらげ、建物を見て回っていたら、この建物に第2次世界大戦の時につけられた弾丸の後が無数にある壁を見つけました。
b0312230_12410829.jpg

さてー、本当ならこの後、新美南吉ゆかりの地も歩く予定でしたが、暑いし飲んじゃったし(、気分良いし)、もうゴールでいいよね~と意見が揃い、お散歩終了。

名鉄住吉町駅から名古屋方面へ戻りました。

b0312230_12424724.jpg






暑い日は無理せずのんびりな散歩がいい。
次はどこいくー?\(^^)/


by muku65 | 2016-07-11 22:49 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(0)