つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

赤間神宮


b0312230_21234745.jpg
門司を出た後、私たちは関門大橋を渡り山口県下関に入りました。
そして、伊藤博文が総理の時代に日本でフグ料理を初めて許可したという「春帆楼」でふぐを食べ、バスに乗り込むまでの空いた時間に赤間神宮を訪れました。
水天門をくぐり、本殿へ。
b0312230_21202580.jpg
赤間神宮は、平清盛の妻と共に8歳で壇ノ浦に入水した安徳天皇が祀られた神社です。
b0312230_21451613.jpg
お参りした後御朱印をお願いし、待っている間に神社横の小道に入ってみました。
b0312230_21452992.jpg
ここは壇ノ浦は目の前だし雨が降ってるし、ここだけなんか暗いし静かだし、なんだろう胸が締め付けられるしゾクゾクするし・・・と思ったら平家一族のお墓の前に私は居ました。
b0312230_21454145.jpg
近くに耳なし芳一の像もありました。
何もなしで写真を撮るのもいけない気がして、お賽銭を納め、誰に向かってでもなく声を掛けながら撮影をさせてもらいました。
なんか怖かったです。
b0312230_21465347.jpg
と言っても、ここ赤間神宮には水天門もあり、子授け・安産のご利益があるんですよ。
また。恋愛成就のご利益もあるんです。
怖くなんかないですね(^^)

しかし浅間神宮、パワースポットなんて軽いものでは無く、私には半端なく突き刺さるような力を感じました。

b0312230_21261336.jpg
神社の目の前は壇ノ浦です。
b0312230_21582142.jpg
すぐ近くには源氏と平家の最後の戦いが繰り広げられた古戦場跡。
この右手に安徳天皇が入水した場所と言われる朱色の橋もありました。

う~、やっぱり耳なし芳一の琵琶の音が聞こえてきそうで再びゾクゾク。
バスガイドさんの話がうますぎたのかな・・・。
怖かったです。(←2回目の発言)





by muku65 | 2018-06-08 22:02 | Fukuoka | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード