つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

桜島の噴火と月読神社 鹿児島7

さあ、桜島です。
大正時代に起きた噴火で陸続きになったので、バスでそのまま桜島に上陸出来ました。
b0312230_13024637.jpg
鹿児島シリーズ「1」で桜島の噴火を載せましたが、見て見て!
b0312230_13024880.jpg
ぼん

b0312230_13025188.jpg
もくもく
b0312230_13033784.jpg
もくもく
b0312230_13034036.jpg
もくもくー!
あ、もう既に別のSNSで見ましたか?(笑)
b0312230_13025500.jpg
角度を変えてもう一枚。

この後、私たちは展示や映像で桜島を体感できるジオパークへ。

しかし私は、ここでの数十分を使って桜島で御朱印を頂ける月読神社に行きたい。
いや、ネットでの調べで歩いて12分で行ける距離です。
バスの車窓からも鳥居は確認しました。
ツアーガイドさんとツアー主催者の方に許可をもらい、ひとり歩いて神社に向かいました。
b0312230_13030065.jpg
通りから階段を上り鳥居をくぐる
b0312230_13061890.jpg
坂を上って
b0312230_13063734.jpg
もうひとつ鳥居をくぐります。
急いで歩いてきたので、もう汗だくです。
b0312230_13065023.jpg
ちょうど境内を歩いていた神官さんが、こちらの思いを察したのか、先に御朱印帳を預かってくれました。
月読神社には、月読命の他、瓊瓊杵尊や木花咲耶姫も祭られています。
後で知ったのですが、ここはパワースポットなんですって。
慌てていたからしっかり感じる時間が無かったけど、どうしても行きたかったというところ、引き付けられる何かがあったのかもしれませんね。
b0312230_13065632.jpg
鳩に折られた鳩みくじを引きました。
大吉でした。

社務所に行って御朱印を頂き、今来た道を慌てて戻り、予定の時間内にバスに乗ることが出来ました。ほっ。
b0312230_16293480.jpg
島に入る時は陸続きの道でしたが、帰りは車ごと乗れてしまうフェリーに乗って鹿児島市内へ。
このフェリー、15分ごとに24時間運航しているそうです。
船に乗っている間はバスから降りて甲板に出ることも可能です。
潮風に吹かれ、噴火し続けている様子を眺めながら桜島を後にしました。





by muku65 | 2018-04-20 22:34 | Kagoshima | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード