タグ:Nikon 1 J1 ( 7 ) タグの人気記事

おはようございます!

b0312230_08322865.jpg
今日も多治見は快晴です。

と言っていても、雨でじどじとした日々は必ずやってきますからね
温泉行ったばばさまがいないうちに、
使いたい放題の洗濯機を借りて溜めてた冬物をじゃかじゃか洗いたいと思います!

常にドアを閉めたいばばさまがいないから
ドアも窓も開けたい放題で、家の中を風が通って行く感じが気持ちがいいです。

いえ、決してじじばばがお留守で風通しがいいなんて言ってませんw

普段開いていないあちこちが開けっ放しなので
落ち着かないななさんがずーっと私の後ろを付いて歩いています。
かわゆいです。




by muku65 | 2017-06-14 08:39 | つぶやき | Comments(2)

〆は高山らーめん

飛騨古川から高山の町なかまで車でおよそ15分でした。以前は国府町を通っていたので30分位かかったけど、バイパスが出来ていたので早かったです。
古い町並みの近くにある市営の立体駐車場に車をとめててくてく町の方へ行きましょう。

手なが足なががいる橋の上から宮川をパチリ。カメラは軽いミラーレスに持ち替えています。
b0312230_08134595.jpg
ちょっと遠くて届かないけどかもさんもいました。
b0312230_08142442.jpg
この辺のかもは、多治見とは違うマガモ・・・なのかな。頭が緑色のかわいい子たちです。

宮川朝市
b0312230_08144176.jpg
時間が遅いので、美味しいトマトとか野菜などは買いそびれました。

はい、上三之町♪
b0312230_08145378.jpg
なんかねー、話に聞いてはいたけれど、外国人がいっぱいいました。
上三之町をそぞろ歩くのが高山での楽しみ方・・・と思っていたんだけど、こちらも夫の却下により寄らず。
お土産どこで買うんだー。酒しか買っとらんがー。
と、ぶーぶー言っても知らん顔な夫。・・・そうだ、お昼過ぎてるしお腹すいてるのか。夫はお腹がすくと黙るタイプなんですよwww
じゃーラーメン食べようそうしようって入った高山ラーメン。
b0312230_08265047.jpg
細麺のしょうゆ味。はじめは味が薄く感じるけど、だんだん醤油の味が濃くなります。麺を食べ終わる頃になると、もうスープの味が病みつきになる。
けっこうスープいっぱい飲んじゃいました。

町なかのだんご屋ではなく、手長足長の橋のたもとのだんご屋さんでおだんごゲッツ!
b0312230_08265142.jpg
やっぱ、これを食べないとね!
味は町中のだんごの方が私は好みだったかも。牛寿司も食べなかったなー。

てなことで、結局お土産はお肉!
有名なMRAKは駐車場にも入れずでしたが、以前食べに入って美味しかった山武商店さんに寄って帰りの途に就きました。

今度は高速ではなく、下呂温泉を通るした道のルートで帰りました。
b0312230_08265002.jpg
わー!国道沿いも桜がいっぱい咲いていました。

今回およそ600kmくらいの旅でした。そのほとんどが夫の運転でした。
運転楽しそうでしたよ。

今年の桜旅行は、これで終了。
お付き合いをありがとうございました(^^)






by muku65 | 2016-04-13 23:45 | 高岡・飛騨の桜旅行 | Comments(4)
順番はバラバラですが、保津川下りもしてきました。
雨でけむる景色の中をすすむ船。

b0312230_19262847.jpg
船を操る男たちがかっこよかったな。
b0312230_19270403.jpg
この日は水量が多く波が立ち、端に座った長女は、足元を何度も川の水で濡らしていました。

船で食べようと待合所で買っておいたお煎餅は、食べる暇がありませんでした(笑)







by muku65 | 2015-11-19 23:41 | 長女とお出かけ | Comments(0)
朝はゆっくり支度をし、ホテルからタクシーを使って東福寺へ向かいました。

東福寺は予想通り人でいっぱい。
でも、タクシーの運転手さん曰く、今日は人も少なくてラッキーでした。週末の連休は、とんでもない人手になりそうだ。とのことでした。

東福寺の紅葉もまだ少し早かったかな。いや清水よりどうかな。いや、写真より実際の方がきれいでした。
b0312230_19224740.jpg


b0312230_19242325.jpg
いずれにせよ、なかなか寒くならない今年だからか、紅葉がちょっとイマイチな感じでもあるそうです。

だけどほら、通天橋にあふれんばかりの観光客がいます。ここではスマホばかりでなく、ガチのカメラで撮影している人を多く見ました。だって京都の東福寺ですもんね。そりゃあガチですよね(*´ω`)
b0312230_19244301.jpg
境内でお抹茶を頂きました。お菓子は麩もち。やっぱ女子ですもん、甘味は外せません。
b0312230_19245335.jpg
東福寺の門と国宝本殿。
b0312230_19250480.jpg
b0312230_23173927.jpg
(iPhone6)

南禅寺も大きいけど京都のお寺ってやたらでっかいイメージだねって長女と話しました。



by muku65 | 2015-11-19 23:19 | 長女とお出かけ | Comments(0)
長女と京都へ行ってきました。
一番見たかったのは清水寺のライトアップ。
b0312230_19200370.jpg
b0312230_19202731.jpg

紅葉シーズンということで大きな期待を持って行きましたが、まだ少し早かったのか、まだまだ緑色が強かったです。

ちょうど成就院のお庭が特別公開していて、せっかくだからと見てきました。

縁側に敷かれた毛氈に座り、住職さんの説明を聞きながらお庭を拝観しました。
ここではカメラ撮影は禁止だったので写真がありませんが、庭の中央の池に鶴と亀を模して作られた島の話、灯篭の光の調節の話、また庭の向こうにある深い谷をはさんだ更に向こうの山に置かれた灯篭の灯によって庭に奥行きが出ているという借景の話など聞き、庭の拝観を楽しみました。この庭は「月の庭」とも呼ばれ、まだ電灯の無い暗がりの昔、月のあかりで見て楽しんだのだそうです。もちろん今でも、月夜の明るい日にその美しさを浮かび上がらせるんだとか。
風流ですね。

下の写真は、成就院の入り口にある池のライトアップ。
b0312230_19184822.jpg

b0312230_19155341.jpg
写真は結局うまく撮れなかったけど、雨に揺れる水面の中にあるもうひとつの世界。それはもう幻想的でした。



by muku65 | 2015-11-19 19:47 | 長女とお出かけ | Comments(0)

カメラで撮り比べ

iPhone6
絞り値  f/2.2
露出時間 1/760秒
ISO感度 ISO-32
焦点距離 4㎜
最大絞り 
測光モード スポット
b0312230_17291963.jpg


Nikon 1 J1 ズームレンズ10-30のやつ
絞り値  f/5.6
露出時間 1/125秒
ISO感度 ISO-110
焦点距離 22㎜
最大絞り 4.6
測光モード パターン
b0312230_17305683.jpg


Nikon D5300 ズームレンズ18-140のやつ
絞り値  f/5
露出時間 1/200秒
ISO感度 ISO-100
焦点距離 66㎜
最大絞り 4.7
測光モード パターン
b0312230_17320549.jpg

どう?
この3枚の写真、違いますか?

きのう、カメラに詳しい問屋さんに「一眼レフできれいに写真を撮れるようになるまで」についていろいろお話を聞くことが出来ました。

私は、ぶっちゃけ自分の腕には自信の欠片もなく、オートちゃんにお任せすれば一番きれいに撮れると思っていたの。
でもね、一眼買ってもらってあれこれ撮っても、なーんか微妙。

それを話すと、その問屋さんも過去に同じように感じたとのこと。

本当なら単焦点レンズというので撮ると、一眼らしい楽しい写真が撮れるらしい。
取りあえず、今のレンズでも絞り値を小さくしてやると明るく撮れるよと教えてくれました。

んで、今日、また駐車場の片隅にきれいに咲きかけたクチナシを見つけ、iPhone6、Nikon 1 J1、Nikon D5300で撮ってみたんです。
一眼ではオートで撮ったか絞り値をいじったか忘れてしまいましたが、やっぱり奥行きがありいい感じ・・・と思えるのは、この中では一眼で撮った最後の写真に思える。
でも、まだまだどれもおんなじやんって感じ。

カメラに凝るつもりは無かったけど、なーんかわからなさ過ぎて、拘り執着しそうな予感です(笑)
アングルとかも合わせ、きれいで気持ちがいい写真が撮れるようになりたいものです。





by muku65 | 2015-06-19 17:33 | お気に入り | Comments(2)
なーつがすぅーぎぃー、風、アザミぃー♪
b0312230_00463936.jpg

空、山、水田が美しい初夏の景色。好きな季節。
今日は、滋賀県は米原市の醒ヶ井を歩いてきました。
醒ヶ井は、旧中山道の宿場町で、岐阜との県境の町。もうちょっと西に向かうとすぐに琵琶湖が見えてくる辺りに位置しています。
少し岐阜に戻ると関ヶ原がある・・・と言うと、場所がイメージできるでしょうか。

多治見から中央線で名古屋に出てから電車を乗り換え、米原に向かって特別快速で走り、2時間かかる。
b0312230_00462866.jpg
何度も言いますが、ここまで遠い場所だとこの青空フリーパスがお得です。
b0312230_00463459.jpg
さぁ、出発しましょう。
b0312230_01050287.jpg
歩き始めてすぐに醒井宿資料館がありました。
この建物は国の登録文化財で郵便局局舎だったのを資料館にしたようです。

b0312230_01165106.jpg
夫が教えてくれたのですが、このあたりの家は弁柄(ベンガラ)という赤い塗料を塗った柱を使っているのが特徴なのだそうです。
見回すと、確かにどの家も柱が赤いの。何のためかしら?虫除けかしらね?

少し歩くと、水路がありました。
b0312230_01064123.jpg


b0312230_00474514.jpg


b0312230_01064781.jpg


b0312230_01580096.jpg


十王水:平安時代に天台宗の高僧が水源を開いたとか。
ここいらは、山や森から湧き出る豊富な水に恵まれていて、いたるところに水路があり、きれいな水が流れていて気持ちがいいです。
後に、他にも西行水という場所もありました。水琴窟があり、試すのに夢中になって写真を撮り忘れてしまった。


宿場町を歩きます。
b0312230_01185582.jpg
整備されていて散歩するのによさそうです。
b0312230_00481381.jpg
素朴に思うけど、あの電線は地中に埋められないのかしらん・・・。

話は「水」に戻るけど、水路にはきれいな水に生息するという「ハリヨ」がいるのだそうです。
b0312230_00484955.jpg
水草もきれいです。なんていう名前の水草だったかな・・? 

おどろいたのが、この通りにある建物のすぐ裏を名神高速道路が走っていること。
b0312230_00483157.jpg
b0312230_01262533.jpg
ほら、この壁の向こうは高速道路です。
宿場町の雰囲気とはガラッと違いますね(笑)
でも、考えてみたら、在来線も高速道路も新幹線もここの筋を通っていて、昔も今も変わらず日本の西と東を繋いでいます。
南は鈴鹿山脈、北は伊吹山から白山という、日本を分断する大きな山と山の谷間の町なんですね


さて、高速のトンネルをくぐり、南の山側に向かいましょう。
b0312230_01220460.jpg



b0312230_00463936.jpg
トンネルを抜けると、冒頭に載せたこの景色が見える。ここをまっすぐ行けば、例の養鱒場があるはずだ。

でも、今日はさわやかウォーキング。あちこち寄り道しますよ♪
b0312230_00494171.jpg
今回のこのコースは、「清流・湧き水」がテーマの様子で、十王水・西行水をめぐり、今度は天神水にきました。

水源はここ。
b0312230_00493572.jpg
池に流れ込んでいく。
b0312230_01221731.jpg
ご苦労様なことで、この日はご町内の方々が集まり、草取りや水路の掃除をしておられ、澄んだ水は流れておらず、ちょっと泥水になってました(´・ω・`)
でも、こうして掃除をしているから、ずっときれいな水路が保てるのでしょう。水を大事にされている様子がわかりました。

養鱒場の方角に進み、あと2Kmの看板を見た後、また寄り道です(*´ω`)
b0312230_01225055.jpg
手入れされた杉(ヒノキ?)の森の中を過ぎ、
b0312230_00495791.jpg
山道を登って、下丹生古墳を見に行きます。
b0312230_00500802.jpg
こんもりした古墳は、町の人たちが森の中から見つけてからきれいに整備したのだそうです。
b0312230_01235196.jpg
古墳の入口は、昔のまま。
b0312230_00502554.jpg
奥は、意外と深く広い様子です。
b0312230_00501721.jpg
中にも入れたようでした。
普段は柵がしてあり入れない感じでしたが、今日は案内の方がいて、古墳についていろいろ説明をしてくれていました。
こういうのも、イベントさわやかウォーキングのいいところなんですよねー。

さて、今度はうれしい寄り道。
b0312230_12374478.jpg
いぼとり地蔵の前の広場で米原の青年隊のような方たちがトン汁を100円でふるまっていました。
b0312230_02330689.jpg
ジャガイモと玉ねぎのトン汁。
とっても美味しくて、喜んで食べていたのですが、ふと、夫の左腕に蚊が止まったの。
私ったら、夫が刺されてはいけないという親切心から、パチンと叩いてあげたのよ。蚊をよ。

そしたら、その拍子に夫が左手に持ってたトン汁が・・・・。
かわいそうに、夫のジーンズはトン汁まみれだし、半分以上食べれずじまいでした。
心からごめんなさいなことでした(爆)


さぁ、いよいよ(私の中での)メイン、醒ヶ井養鱒場に向かいます。
b0312230_00503267.jpg
山の中の川沿いを歩くので、さわやかで気持ちがいいのです。
b0312230_00503852.jpg
養鱒場の中です♪
入場料が一人500円のところ、ウォーキング参加者は400円におまけされた♪わくわく30年ぶりの養鱒場です。
b0312230_01242430.jpg
b0312230_00504420.jpg
マスがたくさん泳いでいます。・・・・おいしそう(笑)

ここの養鱒場は、普通のマス釣り場とは違い、生産したマスや孵化寸前の卵を出荷したり、琵琶湖の魚の研究所であったり、技術の普及などしたりもしていて、ただっ広いマス釣り場、マス料理を食べるところというイメージとは、全く別モノでした。
b0312230_01243919.jpg
結局ここではマスは食べず、資料館で流れていた展示物やVTRでいろんな事を学びました。

養鱒場を出て、ウォーキングの折り返し地点である松尾寺跡まで行きUターンし、来た道を戻ります。
途中で、川をのぞき込んではしゃいでいるおじさま達がいたので私たちものぞいてみると・・・
b0312230_00514851.jpg
ちいさなマスが、川の段差を跳ねて登っていました。何度も何度も。中には上手に登れているマスもいました。
b0312230_01024708.jpg
わかる?ここにいるの。小さいのにかんばってたわ。
ファイト!戦う君の歌をー、戦わないやつらーが笑うーだろー♪みたいに。

また高速道路が見えてきました。
b0312230_00520945.jpg
看板には米原JCTまで2㎞と書かれています。
ビューンと走ってしまえば、その脇の町のことなど知らないままですが、改めて歩いてみるといろいろ知れて楽しいものです。

駅まで戻りました。
b0312230_01251293.jpg
駅の横には滋賀や琵琶湖のお土産や、魚の甘露煮・野菜等が売られていました。
b0312230_00521514.jpg
向こうに見える山は、伊吹山です。
暑い日ではあったけど、そこまでカンカン照りでもなく、雨も降らず、楽しい一日を過ごせました。

家から多治見駅も合わせ、今日一日で歩いた歩数は、25,478歩でした。

たくさん汗をかいて濡れた洋服をトイレで着替え、今日は醒ヶ井の駅前のキッチンかなやでカンパイしました。
その様子はpaprikaで♪

b0312230_08424703.jpg



by muku65 | 2014-06-08 23:43 | ハイキング・ウォーキング&遠足 | Comments(8)

『つぶやき-part6-』楽しい事と美味しいものが大好きです。子どもは4人ですがみんな大きくなっちゃいました。


by muku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31