つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

名古屋城

b0312230_22533469.jpg
月末の日、名古屋城へ行きました。GWで人がいっぱい。

本丸御殿にも入りました。

b0312230_08214743.jpg
何度も入ってるけど、見るごとに新しい発見があります。
というか、忘れちゃうから同じことに何回も気付いた気になってるのかもだけどw

b0312230_08252207.jpg
虎の目キラリ。
b0312230_22584372.jpg
ナナにそっくりな子がいました。
b0312230_23002605.jpg
天井に注目。

b0312230_23002765.jpg
この豪華な釘隠し。何度もアップしているかもしれないけどこれが好き。

b0312230_22591728.jpg
お城の全貌。
本当なら天守閣にも登るはずでしたが、本丸御殿でのんびりしてしまったため、この後の予定の時間になってしまい断念。


b0312230_22574456.jpg
それでも、石垣1枚撮らせて!と撮ったお壕の石垣でした。
ホントに寄っただけの名古屋城。

お城によっては休日は入場無料なんてところもあると聞きますが、名古屋城は有料です!



# by muku65 | 2017-05-02 08:30 | お出かけ | Comments(0)

市内観光 台北9-4日目

台北4日目。もう日本に帰る日となりました。
帰る前にもう一つ、台北を代表する建物「中正紀念堂」を見学しました。
この建物は、台湾の初代総統である蒋介石の功績を称え建てられたそうです。
b0312230_12484967.jpg
門だけでもこの大きさ。
b0312230_12484960.jpg
b0312230_12485086.jpg
門をくぐると左右にまた大きな建物がありますが、こちらは音楽や芸能のホールとなっています。
広く真っ白に広場はまぶしく写真のレフ版の様で、ここで写真を撮ったら要らない影など飛ばしてくれそうでした。
b0312230_12485024.jpg
b0312230_12485110.jpg
青天白日の紋章
b0312230_12485168.jpg
身動き一つしない衛兵さん。
b0312230_12463775.jpg
衛兵になるのは簡単ではないそうです。何を基準にここの衛兵を選ぶのか。
基準は「顏」なんだって。

顏が良い衛兵さんと記念撮影したりビデオで撮ることは自由だが、彼らに触ったり抱きついたりキスしたりする事はガマンしてくださいと、ガイドさんからきつく注意がありました。
b0312230_12463869.jpg
まるでマネキンの様ですが、瞬きはしてたので生きた衛兵さんだと確認できました。
b0312230_12463979.jpg
ダン!ダン!と複数の靴の音が広いこの部屋に鳴り響きました。
交代式の始まりです。

b0312230_12463993.jpg
b0312230_12463633.jpg


きれいに揃っています。

b0312230_12464077.jpg

b0312230_12464059.jpg

b0312230_12464016.jpg
新たに立った衛兵さん。ここに立ったらもう動けません。
先輩衛兵さんが衛兵さんの身なりを整えていました。
やっぱ先輩もかっこええのでした。
b0312230_12464160.jpg
交代式は30分くらいかかったかな。
外に出ます。

こちらでは珍しい自動販売機です。
b0312230_12485238.jpg
b0312230_12485288.jpg
左から2番目は台湾のコーラですが、サロンパスの香りがしました。
沖縄にもこれに似たコーラがあると聞いたことがあります。
漢方っぽいスパイシーさがなんだかサロンパスと同じになったみたい。
サロンパスコーラとガイドさんは呼んでいました。

飲んだ人に感想を聞いたら、味はそんなに悪くない・・・との事でした。

さあ、ギリギリまで観光を楽しみ、ガイドさんとも仲良くなった頃にはもう台湾を後にする時間が近づきます。
b0312230_12485351.jpg
こんな景色も、またホテル以外ではトイレに紙を捨てない生活も、もうさようなら。
b0312230_12485360.jpg
もっとここにいたい、帰りたくないという気持ちと、都会的ざわざわに少し疲れてほっとする気持ちと交差しながら飛行機に乗り込み、帰国しました。
帰ってきてしまうと、やっぱり楽しかった思い出ばかりがグルグルして、また行きたいなーと思ってしまう。

「帰ったら締日が待ってるね。頑張ろうね!」と、仲良くしてもらった仲間の人たちと気合を入れ合い、またご一緒できる日を楽しみにバイバイしました。



今回の旅では、楽しかったばかりではなく、同じ業種の様々な立場の方たちから話を聞き吸収できることは吸収し、またたくさんの刺激を受けて仕事に対するやる気にカツが入ることが出来ました。
主催のみなさま、ご一緒してくださったみなさま、旅行会社のみなさま、お世話になりどうもありがとうございました。



PS
去年沖縄でカメラの話をした●さまへ
「写真クラブは私にはすごすぎて、とても足元にも及ばず気おくれしてしまった事を今回の旅でお伝えするつもりでしたが、機会を逃しました。1年越しの失礼をお許しくださいませ m(__)m」← とどけ!



さーて、ブログでは、台北1~10の旅2もこれでおしまいです。長々とおつき合い頂きありがとうございました!

# by muku65 | 2017-04-29 21:47 | Taipei | Comments(4)

台北滞在 晶華酒店 台北10-おまけ

台北シリーズ「9」を飛ばして、最終の「10-おまけ」です。
ブログでは、私の自己満足にお付き合い頂き恐縮です。

今回、滞在したホテルは台北5つ星と言われているリージェント台北。
漢字にすると「晶華酒店」。「酒店」はホテルと表すんですね。
b0312230_18144952.jpg
もうね、素敵すぎてテンション上がって、写真いっぱい撮って来ちゃったんだけど、夫が「台北いつまで続くの?」って言うからまとめてしまいますw
b0312230_18514976.jpg
どの写真も思い出いっぱい。

b0312230_18144673.jpg
台北に着いた日が4月16日。ちょうどイースターの復活祭の日でした。
部屋にはイースターエッグとウェルカムフルーツ、この旅行の主催会社からのプレゼント(チョコレート)が出迎えてくれました。
ほんと、いつも心が籠ったおもてなしに感動してしまいます。

また、ここの朝食がまたスバラシかったんです。→ 台北Navi HP
b0312230_22394037.jpg

私の朝食、左上から3日分です。
台湾風-好きなもの!-これだけはっ!-という流れで食べていますが、毎日違うものをチョイスしてきても全部食べられないくらい。
実際、全く手を付けていないゾーンもあって心残りです。
1週間以上滞在しないと全てを食べてみるって無理だと思った。

最終日に並んだアリスにちなんだお菓子ゾーン。
b0312230_18145065.jpg
早朝に入ったら、このアリスのゾーンの設置中でね~、取り分け可能になるまで少し待ちました。
ケーキはかわいいだけでなく食べたらどれも美味しくて♡
様子を見に来たシェフの Bernard NOELさんと目が合ったので、美味しいよ!と「グッ!」のサインを送ったら、記念の写真を撮らせてくれました♪
日本語堪能て、気さくな方でした。

b0312230_18145117.jpg
こんなに取り分けて、また3人でシェアしたの?って?
いやいや、全部私が食べました(笑)
更には他の子が持ってきたケーキもつつかせてもらったり、幸せ~でした。

台北シリーズ、次が最終回です!笑





# by muku65 | 2017-04-28 08:52 | Taipei | Comments(4)

LadyMのケーキとMパーティ 台北8-3日目

マッサージから帰ってきて、夕食までにまだ少し時間がありました。
この後外にショッピングに出かけるのもいいけど、毎日の朝食会場の横にいつ見ても人の列ができているケーキ屋さんがあり、気になっていたので、この時間にケーキを買い部屋に持ち帰って女子3人で食べることにしました。
b0312230_08584919.jpg
後で調べたら、このケーキ屋「LadyM」は、ミルクレープが美味しいらしい。

b0312230_08585006.jpg
ひとりにひとつずつではなく、みんなでつついてシェアします。
これがなかなか楽しくって!
こういう時、女子っていいな、って実感します。
え?男子だってこういう事するの?
じゃあ、スイーツっていいね!に訂正かな(^^)

ケーキを食べて大満足?
いやいや、この後ささっとオシャレして、メインのディナーパーティーが始まります。
ホテル内のパーティ会場は、卓球の愛ちゃんが結婚披露宴をした会場と同じ部屋でした。
b0312230_09170054.jpg
これは、お料理のほんの一部です。
台湾の伝統芸能「アミ族の踊り」
b0312230_09170059.jpg
はじめは大きな音で驚きましたが、だんだん音楽に乗って来て、しまいには楽しくて体を動かしたくなっていました。

他にもう一人、写真はありませんがスペシャルゲストに「リン・ユーチュン」がやってきて、ホイットニーヒューストンやテレサテンを歌ってくれました。
これまた素晴らしく上手くて感動しました。会場も大盛り上がりでした。

b0312230_09165915.jpg
ふと、天井に映ったテーブルが素敵だったので上に向かってiPhoneのシャッターを切りました。
右下に仲良くしてもらったTさんがポーズをとってくれています。
もう、かわいいんです、彼女(*´ω`*)

台北での最後の夜は、パーティ後はバーに席を移し、遅い時間までしっとりと(?) いや、わいわいとお酒を飲みかわし、良い時間を過ごしました。



# by muku65 | 2017-04-27 12:53 | Taipei | Comments(0)

野柳地質公園と足裏マッサージ 台北7-3日目

台北3日目は、朝から雨。

この日の予定は、小籠包体験、野柳地質公園散策、夜市でお買い物のコース。
台北の天気ってとても気まぐれで、わーっと降ったかと思うとピタッと止み、しばらくするとまた降ってくる。
ガイドさんも「台北の天気予報はあてにならない」と言っていました。

日本では気象予報士がいたり、スマホの雨雲レーダーから「何分後に雨が降る」なんて通知が来るっていうのに、台湾では天気はわからないというのだ。
これはきっと、日本の位置関係と地形が気象を予想しやすいのかもしれない。
あと「知りたい」気持ちがあるかないかが違うのかも・・・。
それとも、南国なのだからスコールみたいな雨雲が突然発生するのかもしれない。
などと、バスの中でガイドさんの話を聞きながらぼんやりあれこれ想像する時間も楽しい。
まぁ「大気の成層状態が不安定だ」と言ってしまえばそれまでの事ですが。

野柳地質公園は、台湾の北の端の海辺にあります。
b0312230_08425101.jpg
波と風に浸食され様々なかたちに変化した奇妙な岩を散策しながら見られる遊歩道が設けられています。
b0312230_08423883.jpg
間近まで行けます。その大きさに驚き、何やら別世界に迷い込んでしまったような気持ちになりました。

b0312230_08464304.jpg
ホント、変わった模様の岩がいっぱい。
地質学的に興味のある人にはたまらないんだろうなぁ(´・ω・`)
b0312230_08451471.jpg
遠くに見えるのは、「クイーンズヘッド」台湾のクレオパトラとも呼ばれています。
首の部分が随分細くなり、いつ頭が落っこちるか・・・という貴重な状態。
b0312230_14383454.jpg
ここできちんと写真が撮りたかったら、少し並ばないといけません。
あちこち散策しすぎて既に時間がなくなった私たちは、やむなく断念しました。

b0312230_08565830.jpg
別の場所にあったなんちゃってクイーンズヘッドは近寄ることが可能でした。
・・・てか、スネ夫のママに少し似てるね。
・・・いや、少しマニアックだけど、どちらかと言えばナイトメアビフォアクリスマスに出てくるフィンケルスタイン博士の奥さんに似ている。

化石も見られます。
b0312230_14383552.jpg
確か、ウニの化石って言っていた気がします。
プルメリアの花みたいでかわいいです。
余談だけど、少しの間スマホの待ち受けにしましたが色が地味なのですぐに富士山に戻しました。


奇岩散策を楽しんだ後、夜市に行く予定です。
しかし外は土砂降りの雨。

どうやら、参加者から「お買い物したりホテルでのんびりしたい」という声があがったらしく、希望を募っって夜市組とホテル直行組と二手に分かれて公園を後にしました。
私は、ホテル直行組を選びました。

バスに揺られて数十分。
b0312230_08454205.jpg
車窓から道路標識やバスの表示などを見ていると外国にいるなぁって実感します。
台湾の交通事情は、日本とは逆で車は左ハンドルで右車線を走ります。
人口密度が高いので、渋滞を避けるためにバイクに乗る人が多いそうです。

さて、ホテルに直行した私ですが、仲間を誘って「台湾式足裏マッサージ」に出掛けました。笑
b0312230_14383650.jpg
バスで送迎付なので安心です。
b0312230_14383620.jpg
足裏マッサージって好きで、日本でもたまに施術を受けます。
台湾の足裏マッサージへ5~6人で行きましたが、ひと部屋にまとめられ並んでゴリゴリされました。
外国なので、みんな一緒っというのは安心だけど、みんなで足を投げ出している感じが吹き出しちゃいそうな可笑しさでした。

私は、マッサージの強さを少し強めにしてもらい、すっきりさわやか。
だけど、いつも受けているらくだアパートメントのチズルさんの方が長年の付き合いだからか、ツボをよく知ってもらえている分満足度は高いかなー(*´ω`*)
なんて贅沢言ってみたり(笑)

店から出て、向かいのビルを一枚パシャ。
b0312230_14383712.jpg
台北では一軒家ってあまり見なかった気がします。
人口密度の加減で、家が上に積まれていくのはわかるけど、築何十年の建物がメンテナンスされず古いまま。日本だったらこれは廃屋だろうと思える建物に生活の気配があるんです。しかも、屋上にも家が建てられ人の目も気にせずベランダに人が立っていたりするんです。
これも、日本とは違うところでした。逆に日本人の方が人の目を気にしすぎるのかもしれませんね。

まだ続くよ~w





# by muku65 | 2017-04-27 08:36 | Taipei | Comments(0)