つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

芋茎のきんぴら

b0312230_22013114.jpg
芋茎(ズイキ)と牛肉のきんぴら。

b0312230_21252101.jpg
芋茎とは里芋の茎を干したもので、昔から産後の古い血を流し綺麗にしてくれ、赤ちゃんを産んだママに食べさせるといいと言われているらしい。

この前、私の母が長女の為に信州で買ってきてきてくれました。

私自身の時も母がこれで煮物を作ってくれたんだけど・・・ぐちゅぐちゅしててあんまりおいしくなかったんですよね(笑)

ネットで作り方を調べてきんぴらにしたら、若い子も美味しいと言ってくれました。

たくさん出来たので、少しだけ冷凍しておき母に持って行こう。
ちょっとだけ自慢げに(^^)

でも、母の事だからそんな話は適当に流し、自分の話ばっかり喋ってんだろうな。


# by muku65 | 2018-02-09 22:11 | おうちごはん | Comments(2)

そしてナナはというと・・・

b0312230_08412437.jpg
赤ちゃんが来た時のナナは、ワンワンとは鳴かず、近くに行ったり逃げてみたり、赤ちゃんの足の匂いや長女の匂いをかいだり、ひと通り気にした後くーんと鳴きました。
赤ちゃんからしたら、大事なナナも「犬」でしかなく、いきなり接近はさせられない。
接近させて何かあったら、お互いが可愛そうだから。

ナナには、なるべく声をかけたりイイコイイコと頭を撫でたりしてはいますが、家族がソワソワしているのを感じるのか落ち着かない様子です。
きのうの朝は、廊下でゲロゲロ吐いてました。
メンタル弱いんです。

写真は今朝の寝起きのナナ。
神妙な顔してる?(笑)

徐々に、赤ちゃんが大きくなったら、一緒に遊べるようになるといいね。



# by muku65 | 2018-02-08 09:10 | ナナ | Comments(2)

優しい嘘?

同世代の人気女性アナウンサーの方が亡くなった。
最期まで誰にも病名を告げずに逝ったとか。

「元同僚のアナウンサーが仕事の誘いをしたが、別の理由を並べて断られた」とネットに書かれていた。
「それは表向きの優しい嘘でした。」と綴られていた。

優しい嘘って、何だろう?
いくら「プロ意識」だと言っても、誰にも話せないとは信じる人もいないという事だろうか。

ネットでは、涙が出たとか心が震えたとか書かれているけど、これって美談なんだろうか。
いくら優しいとはいえ嘘をつかれたのには違いが無い。
少なくとも、仲が良かったはず、信頼関係にあったはずと思い込んでいた人は、誤魔化された、ぞんざいにされたと傷つくだろうし怒りすら覚えるだろうと今は思う。

もし私が同じ立場になったら、同じように優しい嘘をつくだろうか。
誰のための優しさ?
嘘をついてでも出来た人間を装うのだろうか。
哀れだと思われたくないのだろうか。
それとも単にメンドクサイんだろうか。
理解に苦しむ。
【いや、気前よく騙されているふりをするのが受け身側の優しさだと言うなら納得するしかない。
(翌朝付け足し)】

何にしろ、同じ年齢の女性の死はショックでした。
聡明でお奇麗で明るい方で、まだまだ私たちにテレビは面白いと言わせられる人だったのに残念です。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。

ただの「ため息」なので、今回に限ってコメント欄を閉じさせていただきますね。


# by muku65 | 2018-02-08 00:24 | つぶやき

ええのおのいちご

b0312230_21572200.jpg
今年もソラが職場でいちごを買ってきてくれました。
市内は廿原(つづはら)のいちごで、とーっても甘いんです。
b0312230_21572408.jpg
出不精な私では なかなか手に入らないんですよね。
一度でいいからここのイチゴ狩りをやってみたいです。


# by muku65 | 2018-02-05 18:44 | 多治見付近のこと | Comments(2)

初孫誕生。

b0312230_18395382.jpg
長女の赤ちゃんが産まれました。
元気な男の子です。

出産の時、私は婿さまと病院にいて産まれたばかりの赤ちゃんを触らせてもらえました。
パパさん(婿さま)は、抱っこもさせてもらっていました。
私は、このこの世に出てきてほやほやの赤ちゃんが大事すぎて神々しすぎて、なんだか怖くて抱っこをすることが出来ませんでした。
それでもと思い、背中の下にそぅっと手を入れると赤ちゃんのぬくもりが伝わってきました。
ついさっきまで長女のお腹にいた赤ちゃんです。

数日の間、婿さまが休みを取ってずっと長女の傍にいてくれたのでその間は彼に長女を任せました。
婿さまが東京に戻り、翌日長女のところへ行きました。
赤ちゃんはちょっと人間っぽくなっていたので、抱っこすることが出来ました。

数時間、長女と赤ちゃんと過ごしたことで私自身の腹が座ったのか「よしっ長女と赤ちゃんを支えよう!」という気持ちに到着することが出来ました。
ようやく現実を受け入れられたんでしょうね。

私にとっては初めての孫です。
4人も産んで、しかも一組のふたごも育てたはずなのに孫は初めて。
孫は無条件にかわいいと常々聞いていたはずなのに、なんでこんなに緊張してしまったのかわかりません。
体調を崩してしまったのも、これらのプレッシャーに負けていたのかもしれないですね。
ごはんも食べられなくなったっていうね(苦笑)
加えて言うと、夫はまだ赤ちゃんを抱っこ出来てないんですよ(笑)

私たちって、考え過ぎるのか真面目過ぎるのかバカなのか。
先輩おばあちゃんの友達に「新米おばあちゃんも気軽にいこうね」とラインで励まされ、少し肩の力が抜けたかな。

夕べは、東京からはるばる赤ちゃんに会いに来た婿さまのパパママと祝い酒を交わしました。
誠実な婿さまのご両親です。いい人たちなんですよね。

長女ももうすぐ退院です。
赤ちゃんも一緒にやってきます。
家じゅう甘い香りに包まれるんだろうなぁ。



# by muku65 | 2018-02-04 12:10 | 長女 | Comments(16)

今日は節分

b0312230_18374642.jpg

b0312230_18374859.jpg
節分本番
ナナオニVSソラオニのにらめっこ(笑)

# by muku65 | 2018-02-03 18:37 | ナナ | Comments(2)