つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Taipei( 8 )

LadyMのケーキとMパーティ 台北8-3日目

マッサージから帰ってきて、夕食までにまだ少し時間がありました。
この後外にショッピングに出かけるのもいいけど、毎日の朝食会場の横にいつ見ても人の列ができているケーキ屋さんがあり、気になっていたので、この時間にケーキを買い部屋に持ち帰って女子3人で食べることにしました。
b0312230_08584919.jpg
後で調べたら、このケーキ屋「LadyM」は、ミルクレープが美味しいらしい。

b0312230_08585006.jpg
ひとりにひとつずつではなく、みんなでつついてシェアします。
これがなかなか楽しくって!
こういう時、女子っていいな、って実感します。
え?男子だってこういう事するの?
じゃあ、スイーツっていいね!に訂正かな(^^)

ケーキを食べて大満足?
いやいや、この後ささっとオシャレして、メインのディナーパーティーが始まります。
ホテル内のパーティ会場は、卓球の愛ちゃんが結婚披露宴をした会場と同じ部屋でした。
b0312230_09170054.jpg
これは、お料理のほんの一部です。
台湾の伝統芸能「アミ族の踊り」
b0312230_09170059.jpg
はじめは大きな音で驚きましたが、だんだん音楽に乗って来て、しまいには楽しくて体を動かしたくなっていました。

他にもう一人、写真はありませんがスペシャルゲストに「リン・ユーチュン」がやってきて、ホイットニーヒューストンやテレサテンを歌ってくれました。
これまた素晴らしく上手くて感動しました。会場も大盛り上がりでした。

b0312230_09165915.jpg
ふと、天井に映ったテーブルが素敵だったので上に向かってiPhoneのシャッターを切りました。
右下に仲良くしてもらったTさんがポーズをとってくれています。
もう、かわいいんです、彼女(*´ω`*)

台北での最後の夜は、パーティ後ラウンジに席を移し、遅い時間までしっとりと(?) いや、わいわいとお酒を飲みかわし、良い時間を過ごしました。



by muku65 | 2017-04-27 12:53 | Taipei | Comments(0)

野柳地質公園と足裏マッサージ 台北7-3日目

台北3日目は、朝から雨。

この日の予定は、小籠包体験、野柳地質公園散策、夜市でお買い物のコース。
台北の天気ってとても気まぐれで、わーっと降ったかと思うとピタッと止み、しばらくするとまた降ってくる。
ガイドさんも「台北の天気予報はあてにならない」と言っていました。

日本では気象予報士がいたり、スマホの雨雲レーダーから「何分後に雨が降る」なんて通知が来るっていうのに、台湾では天気はわからないというのだ。
これはきっと、日本の位置関係と地形が気象を予想しやすいのかもしれない。
あと「知りたい」気持ちがあるかないかが違うのかも・・・。
それとも、南国なのだからスコールみたいな雨雲が突然発生するのかもしれない。
などと、バスの中でガイドさんの話を聞きながらぼんやりあれこれ想像する時間も楽しい。
まぁ「大気の成層状態が不安定だ」と言ってしまえばそれまでの事ですが。

野柳地質公園は、台湾の北の端の海辺にあります。
b0312230_08425101.jpg
波と風に浸食され様々なかたちに変化した奇妙な岩を散策しながら見られる遊歩道が設けられています。
b0312230_08423883.jpg
間近まで行けます。その大きさに驚き、何やら別世界に迷い込んでしまったような気持ちになりました。

b0312230_08464304.jpg
ホント、変わった模様の岩がいっぱい。
地質学的に興味のある人にはたまらないんだろうなぁ(´・ω・`)
b0312230_08451471.jpg
遠くに見えるのは、「クイーンズヘッド」台湾のクレオパトラとも呼ばれています。
首の部分が随分細くなり、いつ頭が落っこちるか・・・という貴重な状態。
b0312230_14383454.jpg
ここできちんと写真が撮りたかったら、少し並ばないといけません。
あちこち散策しすぎて既に時間がなくなった私たちは、やむなく断念しました。

b0312230_08565830.jpg
別の場所にあったなんちゃってクイーンズヘッドは近寄ることが可能でした。
・・・てか、スネ夫のママに少し似てるね。
・・・いや、少しマニアックだけど、どちらかと言えばナイトメアビフォアクリスマスに出てくるフィンケルスタイン博士の奥さんに似ている。

化石も見られます。
b0312230_14383552.jpg
確か、ウニの化石って言っていた気がします。
プルメリアの花みたいでかわいいです。
余談だけど、少しの間スマホの待ち受けにしましたが色が地味なのですぐに富士山に戻しました。


奇岩散策を楽しんだ後、夜市に行く予定です。
しかし外は土砂降りの雨。

どうやら、参加者から「お買い物したりホテルでのんびりしたい」という声があがったらしく、希望を募っって夜市組とホテル直行組と二手に分かれて公園を後にしました。
私は、ホテル直行組を選びました。

バスに揺られて数十分。
b0312230_08454205.jpg
車窓から道路標識やバスの表示などを見ていると外国にいるなぁって実感します。
台湾の交通事情は、日本とは逆で車は左ハンドルで右車線を走ります。
人口密度が高いので、渋滞を避けるためにバイクに乗る人が多いそうです。

さて、ホテルに直行した私ですが、仲間を誘って「台湾式足裏マッサージ」に出掛けました。笑
b0312230_14383650.jpg
バスで送迎付なので安心です。
b0312230_14383620.jpg
足裏マッサージって好きで、日本でもたまに施術を受けます。
台湾の足裏マッサージへ5~6人で行きましたが、ひと部屋にまとめられ並んでゴリゴリされました。
外国なので、みんな一緒っというのは安心だけど、みんなで足を投げ出している感じが吹き出しちゃいそうな可笑しさでした。

私は、マッサージの強さを少し強めにしてもらい、すっきりさわやか。
だけど、いつも受けているらくだアパートメントのチズルさんの方が長年の付き合いだからか、ツボをよく知ってもらえている分満足度は高いかなー(*´ω`*)
なんて贅沢言ってみたり(笑)

店から出て、向かいのビルを一枚パシャ。
b0312230_14383712.jpg
台北では一軒家ってあまり見なかった気がします。
人口密度の加減で、家が上に積まれていくのはわかるけど、築何十年の建物がメンテナンスされず古いまま。日本だったらこれは廃屋だろうと思える建物に生活の気配があるんです。しかも、屋上にも家が建てられ人の目も気にせずベランダに人が立っていたりするんです。
これも、日本とは違うところでした。逆に日本人の方が人の目を気にしすぎるのかもしれませんね。

まだ続くよ~w





by muku65 | 2017-04-27 08:36 | Taipei | Comments(0)

小籠包作りました 台北6-3日目

b0312230_14192264.jpg
まだまだ続く台北ツアー。(笑)
今度は小籠包作り体験です。

まずは、先生が見本を見せてくれます。
b0312230_14192210.jpg
見てると簡単そうなんですよねぇ。
早速私たちも作ります。
b0312230_14192361.jpg
みんな真剣です(笑)

じゃーん。
b0312230_14192407.jpg
ひとり5個作り、先生からひとつずつ配られて6個。
さぁ、先生が作った小籠包はどれでしょう??
すぐにわかるよねwww

全員頑張りました!
b0312230_14192549.jpg

小籠包を手に、記念写真を1枚。
b0312230_14192559.jpg

b0312230_14192662.jpg
さぁ、蒸籠で蒸すこと20分。完成しましたよ!
自分が作った小籠包は、自分でいただきます。なんか特別な感じで美味しかった。
ただ、その後にも次々にテーブルに運ばれる小籠包やぎょうざ、しゅうまいに驚き、全部平らげられなくて残念でした。

体験したお店は「金品茶櫻」です。
b0312230_14192626.jpg
体験スペース以外に食事処もありましたが、全てのテーブルが埋まっていました。人気店なんですねぇ。
b0312230_14192723.jpg
台北の町は、バイクがいっぱい走ってました。




by muku65 | 2017-04-24 23:22 | Taipei | Comments(2)

台北101とディナー 台北5-2日目

b0312230_13024252.jpg
高いところが好きなので、台北101にものぼってきました。
b0312230_13024283.jpg
この子は、101のキャラクター「ダンパーベイビー」です。
おそらくこの子のお腹は↓のチェーンドマスターダンパーにちなんでいると思われます。
b0312230_12421470.jpg
このチェーンドマスターダンパー(TMD)、500メートル級の超高層ビルである101の暴風対策に設置されているそうです。
ビルが風で傾いた時、反対側に重心を置きバランスをとるんだそうです。
b0312230_13024349.jpg
展望台に上った時、丁度夕日を見ることが出来ました。

そして、夜景のステキさと言ったら↓。
b0312230_13024317.jpg
日本人は、夜、自分が使う部屋だけに電気を灯し、その他使わない部屋や就寝時は電気を消しますよね。
でも、台湾人は風水的に明るい方が縁起が良いという事で、居間など使わない時も、また就寝の時も電気はつけたまま。だから台湾の夜景はちかちかと明るくて美しいのだそうです。

ディナーは、同じ101の展望台のあるビルの隣にある商業施設ビルに移動し、ここのレストランにて。
b0312230_13024430.jpg

b0312230_13055578.jpg
レストランから見た夜景も素晴らしかったです。






by muku65 | 2017-04-24 23:06 | Taipei | Comments(0)

スパ体験 台北4-2日目

b0312230_12352570.jpg
台北ではスパ体験もしてきました。

体験・・・いや、トイレ・スチームバス・お風呂が完備された広いひと部屋をがっつり独り占めする本格的なスパでした。
場所は、宿泊していたホテルの20階にある「晶華酒店‧沐蘭SPA」にて。
どのコースだったのかわかりませんが、足、背中、お腹、デコルテ、腕、頭のフルコースでした。

シャワーでさっと体を洗い、ウェルカムティを飲んでベッドに横になり、目覚めたら終わってた・・的な気持ちよさでした。
b0312230_09345123.jpg
特に疲れていて念入りにやってほしい個所は事前に聞かれるのですが、全体にしっかりやってもらえたと思います。

b0312230_12352614.jpg
マッサージの後はお風呂に入りながらデザートを食べます。
なんという贅沢の極み。
ステキな体験をさせてもらいました。
b0312230_12352658.jpg

・・・スパ体験には、男子も行きました。
後で聞いたら、男子の人たちもオイルマッサージを施されてきたそうです。
内容も女子と同じです。
男子曰く「ほんと爆睡しちゃって何をされたかわからなかった。」という感想でした。同じですね。(笑)
でも、しっかり体の芯までリラックス出来ているに違いありません。

また行きたーい。


まだまだつづく

by muku65 | 2017-04-24 08:39 | Taipei | Comments(0)

茶藝館「紫藤廬」にて 台北3-2日目

b0312230_12411960.jpg
b0312230_13033304.jpg

茶藝館「紫藤廬」は、政府の寮として使用されていた古い建物です。
その茶藝館にて台湾茶を楽しみました。
b0312230_12412086.jpg
お茶の道具が用意され、お茶の作法を先生が淹れて見せて教えてくれ、同時進行で真似してお茶をいれました。
b0312230_12412060.jpg
2回目からは先生は退席し、参加者が順番に入れ替わってお茶を淹れました。
だんだん淹れ方の順番がぐだぐだになってしまったけど、なんかそれがとっても面白くて楽しかったな。
b0312230_12412164.jpg
お茶は、凍頂烏龍茶と東方美人の2種類を頂きました。
台湾は、九州より小さな島国なのだけど、富士山より高い山があり、ここで採れる茶葉は高級で美味しいのだそうです。
一緒に出されたお菓子も、美味しかったんだよね~。

茶藝館「紫藤廬」
b0312230_12412152.jpg
藤棚には藤の花が咲いていました。
日本とは季節が違う台湾では、藤はいつ頃咲く花なんでしょうね。





by muku65 | 2017-04-23 22:44 | Taipei | Comments(0)

龍山寺参拝と火鍋 台北2-2日目

龍山寺
b0312230_08350967.jpg
ご本尊は弥勒菩薩様だが、こちらには学問・健康・商売繁盛・縁談等何体もの神様が祭られ、とにかくここに来れば全ての願掛けできるので面倒くさがりの台湾人にぴったりだ、と現地のガイドさんが言ってました。

それから、台湾では偉業を成した「人」が神様となって崇められるんだそうです。「人」を崇めるって日本では無い事ですよね。所変われば...ということです。
b0312230_08350912.jpg

b0312230_08351071.jpg
供物は綺麗な花やお菓子。お菓子は供えた後、持ち帰るのだそうです。

おみくじを引きました。
b0312230_14473228.jpg
ここのおみくじは無料です。
ただ、おみくじを引くのが簡単ではありません。

このふたつの木片を手に持ち、自分の住所氏名生年月日と願い事を心の中で唱えて地に放ります。
写真の様に裏表が出たらおみくじを引くことができその数字を覚えます。チャンスは3回。
そして、その数字で自分をうらなっても良いか、同じように木片を投げて神様に問います。こちらもチャンスは3回まで。
おみくじを引く前後3回のうちに木片の裏表が出たらようやく神様からおみくじを引く許しが得られるのです。

一通りの儀式を済ませ、神様から許された私が引いたおみくじは「平」
「平」はなんとなく「限りなく凶に近い末吉」といったところか。
ただ、ガイドさんの説明によると「時を待てばよくなると書かれている」とのことなので、まーいいんじゃないかな。苦笑

龍山寺のおみくじについてはこちら
https://allabout.co.jp/gm/gc/177742/

b0312230_08351059.jpg
お守りも売っていました。
ちょっと記念に・・・と軽い気持ちで買おうとしましたが、「いやいや、龍山寺のお守りは、叶ったらここに返しに来なくてはならない。安易に買うものではない。」とガイドさんに止められました。

逆に、一緒にいた友人は、すんなり買うことができ、更には帰国する早々願いがばっちり叶い、近いうちにお守りを返しに行く・・・と言うのですから、まぁ、私が買えなかったのもひとつのご縁だと考え、今は必要がないと神様に判断されたのでしょう。

龍山寺を後にし、宿泊しているホテルの真ん前にある火鍋の店に行きました。

b0312230_08412951.jpg
赤と白二種類のスープで鍋を楽しむ火鍋。朝鮮人参も入ってました。
b0312230_08413053.jpg
これがとっても美味しくて、家でも再現させようとしました。

こちらはパイナップルビールとマンゴービール&台湾の日本酒(笑)
b0312230_09305607.jpg
どれもこれも美味しくて大満足な火鍋でした。

b0312230_08413134.jpg

ごちそうさまでした。

by muku65 | 2017-04-23 08:26 | Taipei | Comments(0)

十分天燈あげと九份夜市 台北1-1日目

台北へ行ってきました。
台北はセントレアから飛行機でおよそ2時間で行けて、時差も1時間と少ないので、とにかく行ってきた後が疲れにくいように思います。
実際、いつも空港まで迎えに来てくれるMr.Hにも「今回、みなさんお元気ですね」と言われたくらいです(笑)

さてと、少しずつ台北旅行記をまとめていきたいと思います。
と言っても、まぁ写真をアップします、というくらいですが(^^)

ここは九份。
b0312230_22044135.jpg
ゴールドラッシュで栄えたレトロな町に提灯を灯し、夜市で人気のスポットとなっています。
坂の途中には『千と千尋の神隠し』の湯婆の家に似た建物もあったり、坂そのものがそのワンシーンを思い出させる景観でした。
b0312230_09261660.jpg
ここで初めて、台湾料理を食べました。
辛いものと塩とにんにくの味だけ?と思えるものとバランスよく運ばれ、美味しく食べました。
肉も野菜も大盛りです(^^)


九份とはひとつの山の反対側にある十分では、天燈あげをしてきました。
b0312230_09284751.jpg
天燈に墨で願い事を書き込み空に飛ばすんです。
今回は観光客向けの天燈あげ体験でしたが、本来は旧正月15日(元宵節)の平渓天燈祭でおおくの天燈が飛ばされるようです。
また、昔は狼煙のような役割も果たしていたそうです。
b0312230_09284871.jpg
願いよ天までとどけ!

ここでびっくりしたのが、私たちが天燈あげをしていた場所が、今でも使われている線路の上だったこと。
b0312230_09284861.jpg
急に台湾語で「どけどけ」っていうような大声と共に笛の音が鳴り響き、電車が来ちゃうんです。
ここは日本じゃないんですね(*´ω`*)

『ラプンツェル』のワンシーン
b0312230_13115330.jpg
これを初めて見た時は、ただ幻想的だなと思っただけでしたが、まさか台湾でこれをしていたとはね。
今回行かなかったら知らなかったことでした。

つづく。




by muku65 | 2017-04-22 13:48 | Taipei | Comments(0)