つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:伊豆・北関東旅行( 10 )

青山やまと&MOA美術館への坂道 伊豆

河津桜を見に行った話の続きです。

河津桜を十分楽しみ、14:49河津発のJR特急踊り子112号で伊東に帰って来たのが15:37。
この日の宿は駅から10分とかからない場所にあるのでコンビニに寄っても午後4時には宿に到着しました。
あの時、伊東⇔河津を電車にしなかったら、この時間に宿にたどり着くことは出来なかったかもしれません。
あの修善寺での判断は大正解でした。

宿は、青山やまとさんです。ここでも満開の河津桜が出迎えてくれました。一番いい時期だったかもです。
b0312230_01065164.jpg
お部屋はスタンダードな和室のお部屋。それでも12.5畳という広いお部屋で快適でした。
写真も撮ったけど、なぜか全部人物が入っていたのでここではカットww

まだ明るい時間からそれぞれ大浴場で温泉につかりリフレッシュ。
その後夕食の時間まで本を読んだりテレビを見たりだらだらしてると、中居さん(←顔が小さいかわいい子だった)がやってきて夕膳の準備をしてくれます。

食前酒は、桜ワイン酒。
ほんのり桜の香りを楽しみました。そして、もう一度生ビールで乾杯です。

先付
b0312230_01090438.jpg
お刺身。
b0312230_01094148.jpg
ゆったりと運ばれてくるお料理たち。
合間には今日のお花見のあれこれなど、おしゃべりを楽しむ。

意外とこういう時は私の方が聞き役なんですよね。
普段あまり喋らない彼が良く喋れる(←れる?ww)良い時間です。

思うに、食事の時にテレビが付いていないのがいいのだと思います。これが理想なんですけどねー。

えっと、この日の食事は、食前酒・メインディッシュ・デザートをいくつかのメニューから選べるプランでした。
まずは、メインを「ローストビーフ・ジビエの鹿肉・踊りアワビ」ひとつ選びます。

夫が選んだのは鹿肉。
b0312230_01103858.jpg
もっとクセがあるかな?とも思いましたがそうでもなく、少しざらっとした食感でやわらかく味のあるお肉でした。
私が選んだアワビは・・・もちろん美味しいに決まってますよね(笑) 
私が付いてたレモン汁をかけすぎたので、夫に「レモンの味しかしんやんか」とダメ出しされたっけ。


日本酒も飲みましたよ。なるべく伊豆のお酒を選びました。
b0312230_01111756.jpg
私が飲んだのは・・・あー銘柄を忘れてしまったorz
さっぱりと飲みやすかったです。

お料理は、他にもいろいろあったけど、結局食べるのに夢中でねー、撮り忘れました。

お味噌汁の碗の裏にかわいい鳥発見!
b0312230_01193038.jpg
後で知りましたが、これ、光琳の絵ですね~。なんか見たことあると思ったのでした。


食事を楽しんだ後は、中居さんに勧められるまま、ロビーで開かれていたサックスの演奏会へ。
b0312230_01121790.jpg
地元の音楽家さんの演奏にいい気分に酔わせてもらいました(*´ω`)

2階ではステンドグラス展が催されていました。
窓から見下ろした庭の紅梅がとてもきれいでした。
b0312230_01123806.jpg
部屋に戻ると窓際のテーブルにデザートのドルチェと水菓子が用意されていました。
b0312230_01131847.jpg
館内を散策したのが腹ごなしになり、別腹も良い具合に空いていてドルチェも美味しく頂きました。



朝です! 
b0312230_01134358.jpg
窓から外を見てみたら、あれ?あれに見えるは「ハトヤ」ではないかい?
写真の左上、♪伊東に行くなら、は・と・や♪電話はヨイフロ♪ってあのハトヤですよ。
健在だったんですねー。すごい!
CMで大きな魚を抱えていたあの女の子も、今だといくつくらいになってるのかなー?元気でいるのかしら。


朝もお風呂に入りました。夜と朝は男女のお風呂が入れ替わり、夜は山側で静かな雰囲気でしたが、朝は海側の明るいお風呂でした。
露天風呂には、蘭の花びらが浮いていて、気持ちいいお風呂でした。


朝食もお部屋で頂きます。
b0312230_01175471.jpg
朝食も和と洋から選べました。
私たちが選んだのは、和食。
b0312230_01162868.jpg
渡りガニのお味噌汁。これが和食にした決め手でした。
b0312230_01165600.jpg
美味しかったわ~。


和食にはコーヒーが付いていなかったので、チェックアウトを済ませた後、ロビーで頂きました。
JUN ASHIDAのカップがかわいいですね。
b0312230_01211433.jpg
外は雨です。気温も前日とは打って変わって肌寒い感じ。しっとりとした時間でした。
b0312230_01145190.jpg
青山やまと、いいお宿でした。ありがとうございました。



宿を後にし、この日予定していた箱根を 雨が降っているし・・ということで、熱海のMOA美術館に行先を変えました。
しかし、伊東から熱海まで行くにも、更にMOA美術館まで行くのにもまた大渋滞です。

MOA美術館ってけっこう高い山の頂上にあるんです。
しかもアルファのカーナビが示した道は、熱海駅あたりから「直線に登る」に近いようなルート。ほぼ絶壁です。

もちろんその絶壁にも当然のように熱海市民の住宅があり人が住んでいるのですが、もうね坂は急だし渋滞してるし、ほら、アルファってミッション車ですからね、運転手の夫はかなり疲れたみたいで、美術館に着いた頃には、可愛そうにげっそりとしてました。

b0312230_01201149.jpg
MOA美術館では、尾形光琳展が開かれていました。
国宝の屏風も展示されていましたが、私たちと同じように雨で急きょここに来ることにした的な人も多かったのかすごい人だかりで、屏風の全貌なんて全く見られず少し残念だったな。
b0312230_01203010.jpg
それでも、私はそれぞれの作品をくまなく見て回り、それなりに楽しかったの。
ほら、お椀の蓋の裏の鳥の絵も、ここで見つけることが出来ました。


美術館を楽しんだ後はもう自宅に向かいます。
どこへ行っても渋滞だったという状況に疲れ切ってしまった夫と代わり、ようやく私がハンドルを握ります。
と言っても、帰りは環状道路を通らず下道を走ったので渋滞もそんなにひどくなく、沼津から入った新東名も大雨が降っていたとはいえ、すいすい走れたんです。

途中、沼津のサービスエリアで遅い昼食をとりました。お寿司二人前とおそばひとつ分けて食べました。
この時午後4時ぐらいだったと思います。
b0312230_01215531.jpg
そこから更に浜松まで私が運転し夫と交代したのですが、そこからまたもや渋滞。
こうなることは夫も承知していて運転を代わってくれたんだと思うけど、なんか申し訳ない気分でいっぱいでした。
とか言いつつ、爆睡しましたが(笑)

ということで、自宅に着いたのは夜も8時過ぎでしたが、無事にこの旅を終えられました。
お疲れ様です。

家へのお土産は、今回は宿で買ったこれだけでした。
b0312230_01224840.jpg
左側の「青山」は、宿に着いた時お抹茶と一緒に出されたもので、スイートポテトをこしあんでくるんであるような、甘くて美味しいお菓子です。







by muku65 | 2015-03-02 09:32 | 伊豆旅行 | Comments(4)

河津桜を見に行きました。

わくわく楽しみにしていた「河津桜まつり」に行ってきました。

河津桜は、寒桜の一種で普通の桜より早い時期から咲きはじめ1ヶ月くらい散らずにいるので、長い期間楽しむことが出来る桜です。
桜まつりも、2月10日から3月10日のちょうど1ヶ月開催され、たくさんの人が訪れるようです。

おまつりですからね、出店も出ています。
b0312230_22393355.jpg
だいたい桜がたくさんあるところに美味しい出店が出ているため、せっかく桜を見に来たのに桜を見るより美味しいものに目が行きがちでいるのに途中で気づきました。

河津桜は、ソメイヨシノよりピンクが濃いですね。
b0312230_22363852.jpg

桜のトンネルです。いいでしょーう♪
b0312230_22372434.jpg
でも、長身の夫から見ると↑こんな感じですが、背の低い私からは、↓こんな風に見えてます(´・ω・`)
b0312230_22381115.jpg

桜のトンネルで、チチチチチって鳥の声が聞こえたの。
何かしらと、声のする方を見たら、わーお!うぐいすです(多分)。
b0312230_22410901.jpg
うぐいすに、そこで待っててね、と声をかけながら、ミラーレスカメラのレンズを10-30から30-110に取り換えて撮りました!
けっこう頑張ったよね。

もちろん、夫はそれも待たず先を歩いていますよ。
この日はいい天気でねー、川原で遊んでいる人や堤防でひなたぼっこしてる人も多かったな。
b0312230_22355299.jpg

河津桜の原木も見に行きました。
b0312230_22494885.jpg
原木は、出店が出ている桜並木から少し離れた民家の庭にありました。
自然交配されて生まれた河津桜は、冬枯れた雑草の中で見つけられたそうです。
そうか、2月に桜が咲いてたら目立つよねー。

並木から離れた場所に行ってみて驚いたのですが、もう町中駐車場にとめられず動けない自動車があふれていたの。みんなちょっとイライラ気味です。

自動車といえば、実は私たちも家から河津まで自動車で向かっていたのです。スマホのGoogleマップも活躍しましたよ。
b0312230_22583557.jpg
でも、沼津から東駿河湾環状道路に入ったところで大渋滞にはまってねー、途中の伊豆中央道には入らず国道136号に逃げました。
その後136号は修善寺で中央道と合流してそのまま天城越えする予定だったけど、また渋滞するのは予想が付いたのでGoogleマップに任せて東に山越えしようよと合流直前で急きょ変更。この日に宿泊する予定の伊東に行先を変えました。
b0312230_01380431.jpg
山越えした道ってこんな道です。マジ山道。ちょっとアトラクション感覚で面白かったよ。冷川峠を超えたようです。

そして、伊東の駅前に車を置いて電車で河津を目指したのでした。
駅前のコインパークで車を降りた時、スマホで調べたらちょうどあと10分で次の下田行の電車が来るのがわかりました。
駅前の特設切符売り場で慌てて買った河津桜まつり割引往復乗車券。
b0312230_22522696.jpg
切符もすぐ買え、ちょうど乗れてラッキーでした♪

乗ったのは、伊豆急行でした。
こちらも満員電車でしたが、乗ってしまえばほぼ時間通り河津に着きますからね、自動車より見通しがつきます(^^)

余談ですが、乗った電車の中で近くに鉄男(らしき青年)がいてねー、駅名の看板や路線図、景色などをカメラで撮るだけでなく、アナウンスもちゃんとスピーカーのあるところまで手を伸ばしリコーダーに録音していたの。ちょっと驚いたわ。
ただねー、撮りたい景色が来た時ビビッと来るところが同じでさ、私も同類だと周りに思われてるだろーなーってところがなんかね・・ww
こんな景色とかね。
b0312230_01312561.jpg

河津には、伊東から1時間弱で到着しました。
b0312230_22544671.jpg

河津と言えば伊豆の踊り子でも有名な温泉宿があるみたい。
b0312230_22573803.jpg
ここでは、周りにいた人が多すぎたから、顔を出すのはやめました。

帰りは、特急券を買い足してJRの踊り子号に乗りました。
b0312230_22593839.jpg
もうね、河津に行く時の電車の混みようを思い出したら、帰りも激混みに違いないもん。特急に乗ってしまった方がいいよねって。
もちろん指定席は完売で自由席券です。ホームで1時間近く並んだわよww


そして、こちらは、全席指定のスーパービュー踊り子。
b0312230_22421291.jpg
河津に着いたすぐの遊歩道で、たまたまカメラを向けていたら、スーパービューがやってきたの。
で、たまたま近くにいたお子様もはいり込んだのよねww


伊豆には、早い春がやってきていました。
b0312230_00325468.jpg

出店で売られていたカリフラワーも春っぽいよね。『Cauliflower』だけに、思わず写真を撮っちゃった。
b0312230_22481196.jpg
そうそう、さんまの丸干しも美味しそうだったわー。
b0312230_22454471.jpg
・・・なんて名だったかしら?このさんま。

あらあら、結局食べ物に行きついてしまったわ。
 
つづく









by muku65 | 2015-03-02 00:35 | 伊豆旅行 | Comments(0)

しらすのお寿司「海宴丼」(追記あり)

b0312230_1554740.jpg

最終日のランチは新東名の下り沼津SAでお寿司とトマトを買い、暖かい外で食べました。
b0312230_1638058.jpg

駿河湾を望む。いい景色♪

落合楼の建物の説明は、語る方の宿への愛情いっぱい気持ちのこもったものでした。
宿を出たのが11時過ぎ。沼津へのメイン道路は絶対混むからと、途中でお土産のイチゴだけゲットし駿河湾岸道路に逃げました。でもまぁ、三連休最終日はどこもかしこも混雑していて、沼津ICまでなんと2時間もかかったの。
逃げた道から見た富士山
b0312230_16391333.jpg

食べた後の新東名を100キロほど気持ちよく運転させてもらい、浜松SAからは夫が運転しています。
この先はまた渋滞の模様。お疲れ様です。
渋滞の道ばかり運転してもらい、しばらくは『オレ様』ではなく『旦那様』扱いしなくては。

イチゴを買ったところに咲いていた菜の花。
b0312230_1643267.jpg

春やねぇ(´ω`)

今回の日光・水戸・伊豆の旅、全行程距離にして約1200kmの車移動でした。
そのうち私が運転したのは、ほんの300km。
2泊3日だからこそ遠くまで行けました。
楽しい春の連休でした。
by muku65 | 2014-03-23 15:53 | 伊豆旅行 | Comments(2)

落合楼で朝を迎えて (追記あり)

b0312230_950933.jpg


来てから天城についてスマホでいろいろ検索してみました。

修善寺と源範頼・源頼家
天城越え
天城心中
浄蓮の滝
女郎蜘蛛
意外と明るい話が少ないのね。

宿については、部屋にあった『落合楼物語』という冊子も読んでみました。
少し予習して、これから宿の方に館内を案内してもらいます。
b0312230_953429.jpg

約束の時間までコーヒーのんで待ってます。

【追記】
チェックアウト後コーヒーを飲み待っていると、館内の案内ツアーに参加する人は・・と、呼び掛けられ数人が集められた。
数人と言っても、10人くらいいたかしら。

案内してくれる人は、宿の男衆で二人いるそうです。
日によってどちらかの方が案内してくれるんですって。

この宿の建物には8つ有形文化財として指定されているところがあり、それらの説明だった。
詳しくは、宿のホームページなど見ればいいのですが、108畳の宴会場とその周りを囲む廊下とガラス窓、障子に施された宮大工の技術と組子の技術、手に入りにくい木材がふんだんに使われていること、客室を作るにあたり、それぞれに一人ずつ大工をつけ好きなように作らせたという話。
邸宅と欄間、またこちらの組子技術もすごい。
b0312230_20563453.jpg

b0312230_20572933.jpg

b0312230_2114853.jpg

b0312230_21252100.jpg

b0312230_2135229.jpg

b0312230_20592610.jpg

b0312230_2145961.jpg

そして、今度はこちらを利用した文人さんの話もすごい。
川端康成がここで伊豆の踊子を仕上げたとか、与謝野晶子が部屋の名前をつけたとか、
北原白秋の書があるとか、当時無名だった作家さんには「出世払いでよし」と宿泊させていたとか、
兎に角、その他もろもろ話を聞くにつれて「どんだけかわかんないけど、お金持ちやったんやろうなーーー。」と驚かされた。
b0312230_2101485.jpg

何しろ、文化財になっている客室に宿泊できたってことは、貴重な経験だったみたいです。

落合楼村上
b0312230_2161714.jpg

by muku65 | 2014-03-23 09:49 | 伊豆旅行 | Comments(0)

松三の部屋 (追記あり)

b0312230_2301810.jpg

伊豆湯ヶ島の落合楼村上という宿にいます。
落合楼の歴史は古く、川端康成も何度も訪れたという静かな宿です。
明日は、チェックアウト後から有形文化財にもなっている建物等の説明ツアーがあるということで、私たちも参加してみるつもりです。
b0312230_2312375.jpg

b0312230_235613.jpg

違い棚の床の間がかっこいいです。
b0312230_2313548.jpg


【追記】
夜の館内を散策してみました。部屋数が少ないからか、館内はとても静かでした。
b0312230_21134595.jpg

b0312230_2115344.jpg

b0312230_21162462.jpg

b0312230_2117526.jpg

b0312230_2118055.jpg

by muku65 | 2014-03-22 23:00 | 伊豆旅行 | Comments(0)

浄蓮の滝。(追記あり)

b0312230_23371343.jpg

浄蓮の滝

何があってももういいわ。
と、越えるはずだった天城を引き返し、今日の宿に向かいます(´ω`)

【追記】
カメラで撮った浄蓮の滝の写真をアップしようとしたのですが、6回やっても失敗でした。
ちょっと背筋がすーっとします。
(カメラで撮った写真に差し替えました。ちょうど↑この時間帯でエキサイトの画像アップによる不具合があったみたい。何かの仕業というわけではなかった様子です。よかったわ~。)
by muku65 | 2014-03-22 16:18 | 伊豆旅行 | Comments(2)

修善寺寒桜 (追記あり)

天城越えなう。
b0312230_1553542.jpg

修禅寺の修善寺寒桜が満開でした。
b0312230_854239.jpg


b0312230_15285953.jpg

b0312230_21381946.jpg

修善寺は伊豆の小京都とも言われ、しっとり.....と思いきや、観光客でわさわさしてました。
b0312230_15422914.jpg

b0312230_1544137.jpg

b0312230_15434692.jpg

b0312230_21390100.jpg


【追記】
指月殿 源頼家の母、北條政子が頼家の菩提を弔うために建てた。
b0312230_8511896.jpg

by muku65 | 2014-03-22 15:29 | 伊豆旅行 | Comments(0)

水戸の駅前では

b0312230_16403240.jpg

茨城初めて、水戸初めて。
駅前ってこんな感じ。テンションアゲアゲ。

宿泊は三の丸ホテルのわけあり部屋格安パック。
でも、格安と言っても部屋は広いしツインだし加湿器も、氷水もお湯もお茶も完備でどこがわけありなのかわからないくらい悪くありません。
何がわけありだったんだろう。...出る部屋だったのかな。とりあえずもし出ていたとしても私たちは朝早く出掛けてきていたし、10時前には爆睡していたため、出くわすことはなく問題なしでした。

駅前では「本陣」という焼鳥やさんで乾杯し、近くのデパートでお土産の干しいもを買いました。
b0312230_16495212.jpg

不思議と焼鳥の写真を撮ってなくて、↑はあら汁。
お刺身とコロッケも美味しかった。

朝ごはんはホテルで。値段のわりに充実していましたよ。
やっぱ納豆は欠かせないでしょ(笑)
b0312230_16515429.jpg

美味しかったです。

20140323 16:40pm 記
by muku65 | 2014-03-22 09:30 | 伊豆旅行 | Comments(0)

偕楽園の開運梅 (追記あり)

b0312230_16205832.jpg


【追記】
とにかく、偕楽園は、梅と人がいっぱい。
b0312230_2215258.jpg
b0312230_22155319.jpg

b0312230_22162339.jpg
b0312230_22165663.jpg

b0312230_22175322.jpg

b0312230_22182529.jpg

b0312230_22214567.jpg

b0312230_2223296.jpg

b0312230_2227124.jpg

お猿さんもいましたよ。
b0312230_22274573.jpg

by muku65 | 2014-03-21 16:20 | 伊豆旅行 | Comments(2)

一日目は日光へ (追記あり)

b0312230_20124846.jpg

今回の旅行の最初の日、生まれて初めて日光東照宮へ参拝しました。
b0312230_2095791.jpg

よくポスターなんかの写真にある陽明門は修復中で(またや)見られませんでしたが、中に入ることは出来ました。
b0312230_2015720.jpg

b0312230_20155128.jpg

b0312230_20164574.jpg

たくさんありすぎて麻痺しそうですが、建物や装飾の技術ひとつひとつが細かくて丁寧で素晴らしい。
眠り猫は、おもっていたよりスリムでした。
b0312230_20105866.jpg

見ざる言わざる聞かざる
b0312230_2017328.jpg

遠く(子どもの将来)を見る母ざると母ざるを信頼しきっている子ざる
b0312230_20195431.jpg

知らなかったけど、見ざる言わざる聞かざるの三猿には物語があり、人の一生を猿に見立てたものだったのですね。

b0312230_20283030.jpg

b0312230_2031264.jpg

b0312230_20364854.jpg

b0312230_20372992.jpg


東照宮は、朝イチで訪れたからゆっくり拝観できたけど、帰る頃には人でいっぱい。
あちこち込み合う前にと食べたゆばそば。
b0312230_1623425.jpg

温かいおそばに乗った、まきゆば、ゆばの佃煮、揚げゆばが美味しかったです。

日光ではもう1ヶ所気になる場所がありました。
日光金谷ホテルです。
b0312230_16361655.jpg

ここも歴史あるホテルです。
宿泊はしないけど、コーヒーだけでものもうよと立ち寄りました。
b0312230_16261240.jpg

って、私はケーキも(笑)
周りをみるとほとんどのお客さんがカレーを注文していました。
今度また機会があったらカレーも食べなくては!
そして、機会は作らないとね!

20140323 16:14pm 記
by muku65 | 2014-03-21 16:14 | 伊豆旅行 | Comments(0)