つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:出雲・松江旅行( 9 )

出雲・松江ドライブ旅行⑨「張子虎(海洋堂×中川政七商店)」

あれ?出雲・松江の旅は終わったのでは?とお思いでしょうが、もうひとつ♪

出雲大社近くにあるスタバ隣の店先に、「海洋堂×中川政七商店 日本全国まめ郷土玩具蒐集」のガチャガチャを見つけてしまったの!
これって、島根出身の美し過ぎるグルメブロガー、aiaiさん がアップしていたガチャガチャです。

店先には、シリーズ1とシリーズ2のガチャガチャがどちらも並んでいました。
b0312230_23022417.jpg
1回400円という、子どもの時なら手の届ない高価な遊びですが、今は大人です、迷わずガチャガチャしてきました。
b0312230_23025216.jpg
きゃー!島根の虎張子♪ この時の感動ったら。(←うるさそう?ww)

家に帰って開けてみました。
b0312230_08021622.jpg
なかなか凛々しい。
b0312230_08024121.jpg

サイズがわからないから、本物みたいでしょうww


島根のいい記念土産になりました。




aiaiさんは、島根の観光大使(?)もされています。
全国のグルメばかりでなく、島根のナイスな紹介記事もたくさんアップしてくれているので、今回の旅行に大いに参考にさせて頂きました。
Very thanks!



最後の最後に・・
心残りは、皆見の鯛めしを食べるタイミングが無かったこと。
もう、お取り寄せするか、東京まで食べに行くかです。




by muku65 | 2015-03-25 09:05 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行⑧「お土産編」


前回更新でもって、旅行記はおしまい。

今度はお土産編です。
いつもならまとめて1枚で済ますんだけど、なぜか今回は一つずつですー。


出雲そば。
b0312230_09304289.jpg
ご飯の足しになりますから、こういう麺物は便利です。


例の学芸員さんおススメのあご野焼き。
b0312230_23590613.jpg
何度も言うけど、ぶっといの。
あごっていうのは、トビウオの事。贅沢品です。


松江市民が普段用に食べてるあご野焼き。
b0312230_10171526.jpg
これは、まさか松江市民が上のぶっといやつをいつも食べてるなんて(高価すぎて)ありえないと思い、近くにいた女性店員さんに「松江の方がいつも食べてるのはどれですか?」と聞いてみたんです。
そしたら、これを勧めてくれました。美味しいですよって。松江市民のお墨付きです。


それから、試食したら美味しかった野焼きの燻製。
b0312230_09310506.jpg
最近、燻製って流行ってるのかな? 買わなかったけどとうふの燻製もありました。

あごシリーズになってきたけど、あごだし(粉末タイプ)
b0312230_08104842.jpg
これも毎日のお味噌汁に使えるね♪

かしかめのり
b0312230_09320859.jpg
ほら、つい最近、秘密のケンミンショーで、島根県民がお雑煮の具に入れていた、贅沢なあれです。

それから板になったわかめ。
b0312230_09331892.jpg
わかめでありながら、おにぎりに巻くなど、海苔のように普通の使えそうです。


そして、しじみー。
b0312230_10173366.jpg
美味しかったもん、家族に食べさせたいですからね。
パックになっていて、お椀にしじみを入れ、出来上がった味噌スープをかければ出来上がると言う簡単なものです。


出雲大社で買った縁結びのお守り。
b0312230_09334826.jpg
ガチ本気の願いを込めました。
「運は一瞬、縁は一生」ですからね。良縁に恵まれますように。
がんばれ子どもたち!(笑)


b0312230_08084519.jpg

遠いと思っていた出雲大社・松江の宍道湖。
今回、とても楽しく満足のいく旅でした。

元々は、全国数ある旅館から玉造温泉の旅館(佳翠苑 皆美)を選ぶ・・・という話から持ち上がった島根でしたが、土曜宿泊ということでこの旅館が取れず、一度は流れた話だったんです。
それでも、出雲大社に行きたいという私の希望を聞き入れ、今回の旅を決行してくれた夫に感謝します。

松江を後にするとき、運転しながらだけど、こんなに遠いし、もう見ることはないだろうなー・・・と、宍道湖を眺め納めてきました。




by muku65 | 2015-03-25 08:42 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行⑦「珈琲館と帰り道」

出雲・松江ドライブの旅の2日目にして最終日。
この日の予定は、「コーヒー飲む→お土産買う→帰る」です。

早目に起き出し、ユニットバスの温泉をひとり楽しむ。
そして、松江シティホテル別館の朝ごはーん。インスタントお味噌汁付♡
b0312230_23491576.jpg
これね、朝になるとエレベーターのところに置かれていて、それぞれが人数分持ってくるんですってww
なんか愉快ね♪

帰り支度をし、チェックアウトするばかりにしてから、夕べぶらぶら歩いていて見つけた珈琲館に向かう。
b0312230_23485671.jpg
珈琲館は、堀川にかかる京橋のたもとにありました。
b0312230_23493682.jpg
堀川に浮かぶ鴨を眺めながら飲んだコーヒーは、ちよっと苦めでした。
なんかほっとします。
コーヒーって中毒性があるのか、1日も欠かさず飲んでいて、朝から飲んでないと「今日コーヒー飲んでない―」ってぐずりたくなります。

メニューにあったパンケーキがとても美味しそうだったので、絶対食べる!と息巻いていたんだけど、ホテルであの朝食を食べたばかりです。きっと苦しくなって食べたことを後悔するのでやめました。

さあ、コーヒー飲んで一息ついて、昨日寄ったお城近くの物産館でお土産を買って、家に向かって出発です。

まずは、私の運転。
なんかねー、私って嫌われてるんじゃないかしら?と思えるくらい、追い越し車線で私が追いつくと、前の車がすすっと走行車線に逃げちゃうの。まー、遅い車に蓋をされるのも嫌だけど、ちょうどいい感じの速さの車について行きたいだけなのに、みんな逃げちゃってちょっと残念でした。
私だって覆面に捕まるのは怖いから、そんなに飛ばしてないんだけど・・・。


休憩は、来る時も休んだ勝央で。
ちょうどお昼になったので、ラーメンやうどんを食べたり、暑かったのでアイスカフェオレなんか飲んだりしてけっこうのんびり休みました。

b0312230_23512847.jpg
ここで、運転を夫と交代。
夫が運転する隣で、家から持ってきた柿の種やベジッブス等お菓子をポリポリ食べ始め、音がしなくなったら多分寝てる。もう結婚前からの約束みたいな流れですww

気付いたら(目が覚めたら)もう宝塚市。大阪に入り、渋滞を心配していた吹田を通過。
あ、あれって太陽の塔では?
b0312230_23521136.jpg
え?太陽の塔って、何十年ぶりに見るのかしら?
万博博覧会なんて、パンツ(←ホントのおパンツよww)とTシャツ姿で若いおじにだっこされてる写真がある事しか覚えていません。
すごいー。高速から見えるんですねー。インパクト強いー。

大阪から京都と都会の何車線もある区間が過ぎ、ようやく2車線になる草津で運転交代。
ここでmukuさんオロナミンCを補給したからねー、この後ノンストップで家まで帰りました。
帰宅したらまだ夕方5時前でした。

結果、全行程1,050km位かな。
楽しかった春のドライブ旅行でした。





by muku65 | 2015-03-25 00:12 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行⑥「松江の夜:馬やど」

1軒目の「根っこや」で、かなり満足はしていたんだけどねー。
まだ大山地鶏と島根牛としじみ汁を食べてません。

宿近くまで来てから、更に遊歩道をぶらぶらと店を探しながら歩きました。
b0312230_23424666.jpg
b0312230_23430466.jpg

あ。コーヒーショップ見つけた!
b0312230_23543139.jpg
明日の朝、お土産買いに行く前に、ここにコーヒー飲みに来よう!
なんて、夜の散歩も楽しいね。


で、結局帰るのに楽だからと、宿の隣の「馬やど」さんへ入りました。
b0312230_23445484.jpg
ここでは最初から日本酒です。夫が豊の秋で、私が七冠馬。
b0312230_23452702.jpg
このお酒を持って来てくれた少年が話好きの子でねー、けっこう会話が楽しかったよ。
島根の美味しいいろいろを教えてくれたり、「だんだん」って、若い子はもう誰も言わないらしいということも教えてくれましたww。
また、自分の夢なんかも語ってくれたりねー。頑張ってね!って言ったら嬉しそうでした。

さて、お料理は・・・
鶏のおでん。
b0312230_23433890.jpg
あご野焼き。
ぶっとさは中くらいの野焼きです。
b0312230_23455356.jpg
メニューでは、これをフライにするものが載っていたけど、揚げてないやつを出してもらいました。

しじみの酒蒸し。お~。
b0312230_23460865.jpg

串の焼き鳥。大山地鶏です。
b0312230_23463676.jpg
そして、そう!忘れちゃいけません。しじみのみそ汁です。
b0312230_23472134.jpg
これ食べないと後悔するかもww 酒蒸しもそうだったけど、宍道湖のしじみってちょっと大き目で美味しかったわ。

お味噌汁食べるなら・・っておにぎりも頼んだけど、もうお腹いっぱいで食べれないくらい。
b0312230_23470495.jpg
いえ、食べましたけどね(笑)



この日1日で16401歩も歩きました。さわやかウォーキングなみですね。

さあ、温泉おんせん。(ちょー狭いお風呂だったけど良い湯でしたww)








by muku65 | 2015-03-24 22:58 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行⑤「松江の夜:根っこや」

この日の宿は、松江大橋の近くの松江シティホテル別館。屋根に大きな時計台があるホテルです。
b0312230_23304634.jpg
町の真ん中にあり、駅にも松江城にも歩いていける。
更に、ユニットバスなのに蛇口からは天然温泉が24時間出ていて、いつでもMY温泉を楽しめる。
それでひとり5300円(朝食付き)という破格。
b0312230_23314397.jpg
今回も、夫が見つけた宿です。まー、部屋はかなり狭いけど全然大丈夫。
ホントよく見つけるよねww

ホテルには夕食はついていません。
ほっと一息つくのもつかの間にして、夜の町に繰り出します。

この時、時間は5時半少し前。
夕ご飯にわくわくしていて、宍道湖の夕陽が素晴らしいんだということはすっかり忘れています。

でも、実際に新大橋から宍道湖に沈もうとしている夕陽を見つけ、あんまりきれいだったのでiPhoneで写真を撮りました。
松江大橋と、そのの向こうに宍道湖大橋がちらりと見えます。
b0312230_23321002.jpg
こんなにアングルが微妙なのに、きれいな夕陽に見えています。ステキですね。

さて、ごはんごはん。
新大橋を駅側に渡り、川沿いのお店「根っこや」さんにやってきました。
ここも夫が見つけたお店で、前もって予約をしてあります。
b0312230_23325295.jpg
席はカウンターで。これも予約の時に伝えてあります。

お腹が空いていますからね、どんどん注文していきます。
まずはビールで乾杯。

カニのサラダ
b0312230_23362246.jpg
フォアグラの茶碗蒸し。これ、絶品です。
b0312230_23373970.jpg
お刺身の盛り合わせは、サワラ、サーモン、甘鯛、目鯛、いくら、バイガイ、イカ、コメジ(マグロの若い子)と・・・もう一つはなんだっけ?(カンパチだったかな?)
b0312230_23364679.jpg
どれも新鮮でたまらーん。

ドギー(ゲンゲ)の揚げ物には、さっぱりした白州のハイボールが合う。
b0312230_23355131.jpg
お酒♪
b0312230_23372097.jpg
ふたりで、李白、扶養鶴、國暉を飲みました。


鯛のかぶと煮。
b0312230_23383092.jpg
これさえ与えておけば、私が静かになるからと夫が言ってた。
なにそれー。でも美味しい―。

おでん。
b0312230_23385767.jpg
根っこやさんは、もともとおでん屋さんから始まったとか。もう40年になるらしいよ。

のどぐろの塩焼き♡
b0312230_23391908.jpg
やばい。ほわほわで美味し過ぎる。
もうお腹いっぱいです。幸せ気分(*´ω`)

店を出ると外はもう真っ暗になっていました。
b0312230_23393474.jpg
新大橋の手すりに大きな鳥が止まっていました。・・・サギかな?
b0312230_23400280.jpg
ぶらぶらぶらぶら。
けっこう二人ともいい気分ではあるけど、まだまだ早い時間です。
歩いて宿に向かいますが、もう一軒行こうかねーって方向に話が固まっていきますww








by muku65 | 2015-03-24 22:26 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行④「宍道湖と松江城」

日御碕灯台を後にし、夫の運転で松江まで大移動です。
この日は天気が良くてねー、車の中なんて窓を閉めていると暑くてのぼせるくらいだったんです。
もう、エアコンかけて走りました。
しかもアルファってば、窓にUV加工もしてなくて、日に当たる時は日焼け対策にストール撒いてるっていうねー。まるで夏よww


松江へは山陰自動車道を通らず、宍道湖北側で一畑電車北松江線に沿った国道431号を走りました。
宍道湖を眺めながら、眺めながら・・・・うとうと・・・

「道の駅があるけど、寄ってく?」と、夫。
秋鹿なぎさ公園の道の駅でした。

朝からコーヒーを飲んでなかったので、ここで飲もうかとも話していたけど、この後行く松江城の辺りで飲むのもいいねと取りやめ、とにかくぶらぶら歩いて休みました。
目の前が宍道湖なのですが、浜に降りていく歩道があったので行ってみました。

宍道湖です~。
b0312230_23191391.jpg

あ、貝殻。
b0312230_23194303.jpg
しじみの殻が打ち上げられていました。
やっぱ宍道湖や~んって、話したっけ。

さてー、ここからまた私の運転で松江市内に入っていきます。
こういう街中のコマコマしたところは、私が地図を読めないので、行先案内を夫に任せ、言われたとおりに私が運転するのです。

着いたよー!!!! 
松江城!!! 
b0312230_23201668.jpg
出雲大社と松江城。これが今回の旅のメインです。
もちろん城にも登らないとね♪

松江城は、屋根が千鳥が羽を広げたように見えることから「千鳥城」とも呼ばれています。
b0312230_12513435.jpg
これ、千鳥城って書いてある?↓↓
b0312230_23552021.jpg
天守閣、望楼から見た松江市内。あ、この日の私たちの宿泊先の時計台が見えます。
b0312230_23242032.jpg
宍道湖も見えます。
b0312230_23255351.jpg
松江と言えば、NHKの朝ドラで「だんだん」という双子ちゃんの話が印象的ですが、ここら辺の人は本当に「だんだん」と言うのかしら・・・?

城を降りて、コーヒーショップを探します。

あ、このお掘にかかる橋、見覚えありませんか?
b0312230_23222465.jpg
最近で言うと、SoftbankのCMで、お父さん犬と堺さんが歩いてるあの橋なんですって。

橋を渡ったところにあった松江歴史館でコーヒーが飲めそうだと夫が言うので、そのまま歴史館に入りました。
b0312230_23232971.jpg
歴史館は、その中にあるミュージアムは有料だけど、入るのには無料でした。

その中の休憩所が素晴らしい!
b0312230_23230582.jpg
きれいに手入れされたお庭もすごいけど、その向こうに松江城が眺められます。
そんな素敵な空間で、お茶の時間にしました。

夫は、コーヒーを頼み、私は「お抹茶セット(春の特別セットで500円♡)」に心変わりww
b0312230_23271476.jpg
だって、こんなにかわいい生菓子があるんだもん。お抹茶でしょーーー♪
b0312230_23275006.jpg
かわいい~
b0312230_23281454.jpg
他にも、花かごなんかがあったりして、どれもこれも可愛いくって、選ぶのに迷ったわ~。
松江の和菓子職人、器用すぎー。

コーヒーとお抹茶で2人ともほっこりした後、お堀に沿って駐車場までぶらぶら歩きました。
お堀でカメが甲羅を干してました。
b0312230_23284059.jpg
全然動かないから、モニュメントかしら?としばらく見てたら、時折もそっと動く子がいたりして、どの子も生きてる本物だとわかりました。

本当なら、出雲でも、松江でも、その他の神社や資料館、美術館を巡りたかったのですが、とにかく遠くまで車で来て、目いっぱい予定を入れてしまうと疲れちゃうからね。月曜からすぐに仕事だし。
今回は、本当に出雲・松江のメイン中のメインのみの観光でしたが、とってもとっても楽しい一日でした。


駐車場の近くに島根の土産物を集めた「島根の物産観光館」を夫が見つけ、入ってみました。
出雲大社の宝物殿のオタクっぽい学芸員さんが勧めてくれた「あご野焼き」という、ぶっとい竹輪もありました。
ここまでにお土産って、家族へのお守りしか買ってなくてねー。ちょうど良かったです。

竹輪とか冷蔵ものもあるので、翌朝またここに来ましょうねと予定を立て、この日の宿泊先を目指しました。








by muku65 | 2015-03-24 13:23 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行③「日御碕灯台」

出雲大社を後にし、出発です。次の目的地は、日御碕灯台。
せっかく山陰のこんな遠いところまで来たんだから、陸の端っこまで行こうよと灯台に行きました。

私の運転で岬まで行ったのだけど、ここまでの道のりがかなりぐねぐねしていて自分で運転しながら酔いそうでした。

アクセルとブレーキ、シフトチェンジのタイミングをようやくつかんだ頃に岬に到着。
駐車場から灯台までの道は、イカやサザエ、魚の干物なんかを網で焼いたにおいが立ち込めていて、なんかまるで海水浴場に来てしまったような気分でした。
b0312230_23054149.jpg
坂を降りていくと日御碕灯台の入り口にたどり着きます。
b0312230_23062949.jpg
お~、この灯台は海上保安庁の管轄なのですね。


白亜の灯台。かっこいいー。
b0312230_23060435.jpg
さあ、灯台に上ります。

b0312230_23150751.jpg
頂上の出口に貼ってあったんだけど、ここ現役で灯台の役目を果たしているんですって。

てっぺんから見た景色。
b0312230_23090523.jpg
海の水が透明でとってもきれいでした。
b0312230_23094241.jpg
あ、船だ。ついーっ。
b0312230_23100869.jpg
真下を覗くと人が小さく見えます。
b0312230_23125394.jpg
やっぱり、ちょっと足がすくみます。

断崖絶壁。海きれい!
b0312230_23131568.jpg

灯台のライト部分です。
b0312230_23154390.jpg
電球自体は、意外と小さかったです。
いろいろ工夫して光を大きくし、航海中の船に岬を知らせているんですねー。


上から見た断崖絶壁を横から見てみたけど、かなり高いんですよね。なのに人が危ないところまで自由に歩いて行けるみたいです。
東尋坊の小さい版・・的な感じ。
b0312230_23143230.jpg
波が作った造形です。
b0312230_23161933.jpg
岬の端っこって、行くとなんか満足するねww

戻るぐねぐね道の運転は、夫に任せます―。





by muku65 | 2015-03-24 08:47 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行②「出雲そばと出雲ぜんざい」

出雲で食べたのは、出雲そばと出雲ぜんざい。

おそばは、出雲大社についたすぐ朝食として食べました。
出雲大社の目の前、縁結び横丁内にある蕎麦屋「そば庄たまき」にて。
b0312230_22554600.jpg
ここは、お座敷に上がって優雅に食べるお店と違い、立ち食いに近い様子。
そばを注文し、まだ誰もいない店内の角にふたつ席を取ります。
b0312230_22572657.jpg
代金は先払い。夫は暖かい釜揚げそばを注文し、私は、旅本などでよく見るわんこそばを注文しました。
お茶はセルフで。お冷とそば茶が用意されていました。そば湯は置いてなかったけど、お願いしたら出てきたのかしら?
b0312230_22575460.jpg
出雲そば来たきた♪
b0312230_22561867.jpg
中部でも、信州そばという美味しいお蕎麦があるけれど、出雲そばはそれより色が濃く、腰も強くてつるつるしている感じがしました。
もちろん美味しかったわ~。

参拝を済ませ、予定通り出雲ぜんざいを食べにまた門前町へ。
いつも、ぜんざいお汁粉など絶対に口にしない夫も、今回はなぜか何も言わずに付き合ってくれました。

これも旅本に載っていたお店です。
日本ぜんざい学会壱号店。ぜんざい食べるならここって決めてました。
b0312230_23002024.jpg
お昼には時間がまだ早く、そんなに並ばずにお店に入ることが出来ました。
およ?DAIGOだ♡
そういえば、彼のおじいちゃんは島根の方でしたね(*´ω`)

b0312230_23010626.jpg
「運は一瞬、縁は一生。」かぁ・・・。

出雲ぜんざいは、私たちが作る、黒いどろっとしたものとは違い、つぶされていない大き目な小豆が砂糖湯に沈んでいるって感じでした。
そこに白玉餅が入ると「出雲ぜんざい」で、焼いたお餅が入ると「ご縁ぜんざい」となるようでした。

私が注文したのは「出雲ぜんざい」です。
b0312230_23072233.jpg
夫は、甘くなかったと言っていたけど、私には少し甘い気がしました。
豆がではなく、汁の部分の砂糖が濃い気がしたの。
んでも、食べてよかったと思える美味しいぜんざいでした。

ちなみに日本ぜんざい学会弐号店は、松江の堀川近くにありました。


ぜんざい食べたら車に乗って出発です。
なんといっても、1泊2日ですからねー。
短い時間にできることって限られちゃうから、迅速に!



つづく








by muku65 | 2015-03-24 00:10 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)

出雲・松江ドライブ旅行①「出雲大社へ行きました。」

連休を使って夫とふたりで出雲大社へ行ってきました。
b0312230_08084519.jpg
何年前からだろう、私が出雲大社に行きたかったんです。
でも、島根って遠いし、飛行機でしか行けないよねと半ばあきらめていたんです。

ところが、お正月に実家へ行った時、兄夫婦が自動車で行ったと言うではないですか。
これを聞き、夫もようやく行く気になり、今回願いが叶いました。

私個人の旅のおさらいですが、①~⑨と長いです。
気長にお付き合いくださいませ♪

*******

「とにかく遠いから、朝早く出掛けるよ。」と、夫。
土曜の朝、3時に多治見を出発しました。

中央道から東名・名神へ。
(私が運転しているため写真なし)

大阪吹田JCTから中国道へ。
(私は寝てたらしい。ゆえに写真なし)

岡山県落合JCTから米子道へ。
b0312230_22492261.jpg
米子道は雪深い場所なのか、融雪剤が撒かれた道路独特のゴテゴテ感がありタイヤの音がいつもより気になりました。

確かトンネルを抜けた時だったと思う。すごい大きな雪山が視界に飛び込んできたの!!!
なにこれ!!??状態。
b0312230_22495616.jpg
この山は大山(DAISEN)です。
突然現れた大きな雪山への驚きは、日光で見た男体山の時と似ていました。
早朝だったからか空気も澄み、きれいに見えて迫力がありました。


うひょー!!! 米子ーーーー!!!
b0312230_22520039.jpg
米子には、双子ママさんの知り合いがいます。
ここなのねー、米子。
何をするわけでもないけど、米子にも鳥取県にも初めて来たー!と感動しました。。


先を進みます。
宍道JCTから山陰道(安来道路)へ
b0312230_22524560.jpg
そして、うーーーー!とうとう出雲に来てしまったよ!
b0312230_22534354.jpg
案内標識だけなのにこの写真の多さからくみ取れると思うけど、車の中での私のはしゃぎ様は、普通じゃなかったですよ。
ほんと、(うるさいけど)連れて行き甲斐のあるやつだと思います。(←自分で言う)

市内車を走らせ、どんどん出雲大社に近づきます。

わーでたー!出雲大社の大きな鳥居。(石の鳥居) バックには八雲山です。
b0312230_22280929.jpg
この時、時間は8時半ちょっと過ぎです。夫(NEXCO中日本)のシュミレーションより1時間早い到着でした。
まだ、人も少ない今のうちに参拝しましょう。
朝食前だったので、まだ開店したばかりの門前町のおそば屋さんでささっとそばを食べ、参拝しました。


改めまして、出雲大社の鳥居をくぐり、まだ参拝者もまばらな参道を進みます。(木の鳥居)
b0312230_08595021.jpg
b0312230_14253071.jpg
b0312230_14241118.jpg
b0312230_14250693.jpg
なんか、緊張してきます。(鉄の鳥居)
b0312230_14255213.jpg
(銅の鳥居)取り損ねたorz
b0312230_22300809.jpg


とうとう、ここにやってきました。出雲大社がここにありました。
b0312230_22222850.jpg
大きなしめ縄。これが見たかったのです。
b0312230_22443736.jpg
ていうかね、しめ縄が印象的な出雲大社ですが、実は御本殿はその後ろのこちらです。
b0312230_22401170.jpg
お伊勢さま・熱田さまと同じで、本殿の真ん前までは行けません。囲いの外から参拝します。
出雲大社では、参拝する時「2礼4拍手1礼」です。大神様ですからね、4回手を叩くんですって。
b0312230_22450145.jpg
参拝の後は、子どもたちには「縁結びのお守り」を、両じじばばには「健康長寿のお守り」を買いました。
ちょうど60年に1度という平成の大遷宮限定のお守りを頂くことが出来ました。

おみくじも引きました。
b0312230_22321692.jpg
引いたのは第二十番・・・ということですが、ここのおみくじはいわゆる「大吉」とか「吉」とか言うのは無く、教訓と運勢が示されるだけのものでした。
「願望=叶う」
「旅行=良い」
今回のこの出雲大社参拝について、当てていました。(*´ω`)

御本殿の裏手にもまわれるみたいだったので行ってみました。
八雲山をバックにかっこいいです。
b0312230_22331878.jpg

b0312230_22404703.jpg


b0312230_22413877.jpg
ステキステキ♪
平成の大遷宮なうで、あちこち工事中もあったけど、一通り歩いてみました。
b0312230_22423580.jpg
「釜社(素鵞社)」
b0312230_22432933.jpg
子どもの時に読んだ日本の神様の中でも印象深かった「やまたのおろち」
あの時の強い神様、素戔嗚尊が御祭神です。(←あってる?)

流れに任せて歩いていると、出雲大社の宝物殿に足が向かいます。
とりあえず見とくー?と入った宝物殿でしたが、ここがなかなか面白かった。

刀とか昔の図面とか宝物のインパクトもそうなんだけど、そこにいた学芸員さん(?)が面白かったの。
知識はもちろんあって、数少ないお客さんへの案内が、すばやくて確実で素晴らしい。
ちょっとオタクがかった喋り方もユーモアいっぱいで楽しかった。

「天井につるされた天板はレプリカだが、ここには八雲と言いながら、雲が七つしかない・・・」という話は、学芸員さんが早口の為聞き取れなくてオチがわからなかったのが残念。もう一度聞き直したいわね。
というか、もう一度話が聞きたい学芸員さんでしたww


さーて、参拝も済ませました。
b0312230_22471187.jpg
門前町に繰り出して、お蕎麦の次はぜんざい食べるよー。
b0312230_23074874.jpg

宝物殿の学芸員さん「出雲の枕詞に「八雲立つ」という言葉があるけど、そのまんまですね。くくく。」
どういう意味で笑ってたんだろう???




by muku65 | 2015-03-23 15:23 | 出雲・松江旅行 | Comments(0)