2017年 08月 07日 ( 1 )

香嵐渓散策の続きです。
b0312230_23250709.jpg
鯉のあらい。
これを出してくれるところ、探してました♡


香嵐渓でお昼になり、お腹が空きました。
香積禅寺の近く(梅干しが干してあったあたり)に食事処もありました。
鮎やそばやかき氷などがあり、ここで食べても良かったのですが、夫が出掛ける直前にネットでこの近辺に「やな」があることを調べていたらしく、探してみることにしました。

車に乗り込み、来た道を少し戻ったところに「白鷺やな場」さんはありました。
b0312230_23254440.jpg
やな場なんて、もう何十年ぶり?
いや、初めてか?
申し込めばつかみ取りも出来るみたいでしたよ。

b0312230_23260376.jpg
木陰の涼し気なテーブルに席を選びましたが、上の段には畳席もあり、小さいお子さん連れでも楽しめます。
b0312230_23363237.jpg
食べるだけでなく、川で遊べるので遊んでは食べ、食べては遊ぶ、なんてことも出来るみたいです。

さあ、私達は食べましょう。
b0312230_23270970.jpg
塩焼き、田楽、フライ

b0312230_23363197.jpg
酢の物
b0312230_23363114.jpg
鮎飯のコースに鯉こくを追加。
朝にしっかり食べて来たので、1人前を注文しシェアしました。
もちろん食べられすぎてケンカになりましたがw

b0312230_23363308.jpg
白鷺やな場。
家から1時間半くらいで行けるので、また家族と一緒に行きたいです。

さて、やな場で夫がビールを飲んだので、ここからは私がハンドルを握ります。
来るとき、酒蔵「蓬莱泉」さんの看板を見たので探してみることにしました。

散策した香嵐渓を過ぎ、更に山の奥に向かいましたが、対向車線を降りてくる車の多さに驚きました。
この奥にはいったい何があるんだろう。不思議です。
だって、通っていく道は決して町ではないんです。のどかな片田舎の通りなんですよ。
車のナンバーを見ると「豊田」「名古屋」が多かったので、地元の人が遊びに行く何かがあるんでしょうかね。
また時間がある時に調べてみよう。

さて、30分位で酒蔵工房に到着しました。
b0312230_23363387.jpg
そんなに広いお店ではないですが、お客さんが次から次に入ってきました。
ひと通りの試飲がさせてもらえ、夫が「和」という生酒を買っていました。

お盆には婿さまと一緒に飲めますからね。嬉しそうな顏してます。
いや、試飲ができて嬉しかったか?w

そろそろ帰りましょう。
来た時は、東海環状と猿投グリーン道路を使い1時間半ほどかかりました。

帰りは山越えをし、ショートカットで土岐市の柿野に出るコースを行こう。
運転は私ですが・・・
b0312230_23363481.jpg
山道。
ほーんと細い山道と小さな集落をいくつか越え、信号もほとんど無い道をひた走り、柿野には1時間かからず出てしまい、びっくり。
なんか笑えてしまいました。
香嵐渓、近いです。

途中、車内で音楽をかけていても山からヒグラシの声が降ってくるのが聞こえ、道の途中で車を止めてエンジンを切り、開けた窓からヒグラシの声を浴びました。

カナカナカナカナカナカナ
体に染み入る山のヒグラシに今年の夏を感じました。

今日は立秋。暦の上ではもう秋なんですね。


by muku65 | 2017-08-07 08:57 | お出かけ | Comments(4)

『つぶやき-part6-』楽しい事と美味しいものが大好きです。子どもは4人ですがみんな大きくなっちゃいました。


by muku