つぶやき『Cauliflower』

cauliflow.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 05日 ( 2 )

モザイクタイルミュージアム(多治見市笠原)

アウトレットで買い物を済ませた後、少し時間があったので、笠原町にあるモザイクタイルミュージアムに寄り道しました。
b0312230_15391716.jpg
SNSで写真を見るたびにずっと気になっていた平面に見える建物。
写真だけでは、建物自体の大きさもピンとこない。

b0312230_15391830.jpg
入口がありました。
自動ドアでさーっと開きます。
入場料をひとり300円払うと、中も見ることが出来ます。

まずは、4階まで上がってくださいと案内され、階段で上ります。(エレベーターもあります)
b0312230_15391907.jpg
黄土色の階段と土壁は、地中にいるような気分になる。
b0312230_15391964.jpg
一気に4階まで登れる階段は、上へ行くほど狭くなっており、地上に向かっているようで不思議な空間になっていました。
登り窯をイメージしているのだそうです。そう聞くとなるほど、と思います。

4階は白壁で明るかったです。
b0312230_15392081.jpg

b0312230_15392076.jpg
こういうの昔の家にあったねー。とか、診療所の手洗い場みたいだねー。とか
懐かしソーンには、久土までありました。

b0312230_15392173.jpg
私の実家では、おもちをつく時には、離れの大屋敷(←こう呼んでいたけど納屋の事ですね)にこういうのかあって、もち米蒸していたっけ。
夫の家では、毎日これでごはんを炊いていたそうです。夫は火の番とかもしたらしいですよ。

b0312230_15392199.jpg
さて、テレビでも何度も見ていたモニュメント。
これが見たかったんです。
b0312230_15392292.jpg
b0312230_16524074.jpg
吹き抜けのところは屋根が無く、開放感がありました。
b0312230_15392322.jpg
また、モニュメントにくっついているタイルが時々とってもかわいいの。

3階2階は、タイルの町笠原町の歴史やタイルが活用された壁、モザイクタイルが貼られた昔のお風呂やテーブルが展示されていました。
そして1階は、体験コーナーやお土産屋さんがあり、若い家族で賑わっていました。

買おうか迷い何度も手にした、自分で作るタイプのコースター。
b0312230_15455417.jpg
きれいでかわいい小さなタイルもバラ売りされていました。
b0312230_15455528.jpg
この他にも、「割れせん」的なタイルもあっだけど、こういうの多治見のあちこちの川原に落ちてたよね。
土岐川の水が今のように透き通ってなく、白かった頃の話です。
b0312230_15455637.jpg
このモザイクタイルミュージアム、建築家藤森照信氏が手がけた建物です。
こだわりの建物なだけあり、何とも面白い空間が楽しめました。



by muku65 | 2017-03-05 16:39 | 多治見付近のこと | Comments(4)

アウトレットなう

b0312230_12514943.jpg

暖かいからアウトレットに来た。
気取らずハンバーガーでランチしたあと
春物の上着でも探そうかな。
by muku65 | 2017-03-05 12:49 | つぶやき | Comments(0)